ベネチアのバーカロ

支払は、食べ終わってから注文したものを自己申告しますが、イタリア語や英語に自信がなければ注文した物を受け取る時に支払うのがベターです。

学生たちで賑わう夕方のバーカロ。支払は、食べ終わってから注文したものを自己申告。言葉が不安なら、注文した物を受け取る時に支払うのがベター

バーカロとは、カウンターにずらりと並ぶCichetti(チケッティ)と呼ばれる軽つまみを食べながら立ち飲みのできる、ベネチア独特のワインバー・エノテカのこと。

チケッティは、蛸やイカを煮たものや魚や野菜の揚げ物など、旬のものを中心にしたベネチア料理。手っ取り早くベネチアの味をあれもこれも試したいという場合は、バーカロが便利です。

チケッティをつまみながら、気軽にワインを立ち飲みするのが、ベネチア流バーカロの楽しみ方。仕事帰りに友達と立ち寄りおしゃべりに花を咲かせる社交の場でもあるので、18時頃が最もピーク。早いお店では21時頃には閉まってしまいます。

バーカロでよく飲まれるのは、オンブラ。これは、ハウスワインのことで、ベネチア特有の呼び名です。昔々、サン・マルコ広場のワイン売りが、太陽の光を避けるために、鐘楼の影(オンブラ)でワインを売っていたことに由来します。

ここではバーカロ専門店をご紹介します。

ベネチアのバーカロ1 イ・ルステギ

あ

ヴェローナさんの大理石のカウンターで、ワインとミニパニーノを!

ベネチア人が「ぜひとも隠しておきたい」と言う程人気のとっておきのワイン専門バーカロ。賑わう時間帯には、小さな店内には入りきれず、ワインを片手に広場にあふれる人々の姿も。

チケッティには、新鮮な具を挟んだ小さなパニーノがずらり。リクエストで、チーズや生ハムやサラミの盛り合わせを作ってもらっても。

種類豊富なワインの他、隠れた人気ドリンクメニューはこだわりの地ビール。イタリア産の地ビールもお試しあれ!

<DATA>
I Rusteghi (イ・ルステギ)
住所:San Marco 5513, corte del tentor
TEL: 041 5232205 
営業時間:10:00~15:00 / 18:00~22:00
休日:日曜
アクセス:リアルト橋の北側campo san bartolomio(サン・バルトロミオ広場)から北西の小道を入った場所

 

ベネチアのバーカロ2 アル・メルカ

店の外でワイン片手に賑わう人々

こんな様子はいかにもイタリアらしい

3m程のカウンターにチケッティがぎっしり並ぶ、ベネチアで一番小さいバーカロ。小さすぎて店の中には食べる場所がないため、訪れる客はみんな外でワイワイ、ワイン片手に立ち飲み。こんな気軽な雰囲気も、本場ならでは。

<DATA>
■Al Merca' (アル・メルカ)
住所:San Polo 213, campo bella vienna
TEL:3939924781
営業時間:9:00~15:00 / 18:00~21:00
休日:日曜
アクセス:リアルト橋から200m南にある広場

 

ベネチアのバーカロ3 ビッレリア・フォルスト

ビールが飲めるバーカロ

ビールが飲めるバーカロ

サン・マルコ広場すぐ横という観光地のど真ん中にもかかわらず、おいしさにこだわり、ベネチア人にも人気のビールのバーカロ。イタリア北部のビールメーカーForstのビールが揃います。

ここで食べたいのは、知られざるベネチア名物のトラメッジーノ(サンドウィッチ)。黒パンにハムやマスタードをはさんだビールに合う味で、ついついおかわりしたくなる美味しさ。

<DATA>
■Birreria Forst(ビッレリア・フォルスト)
住所:Castello 4540, calle delle rasse
TEL: 041 5230557 
営業時間:10:00~21:00
休日:無し
アクセス:サンマルコ広場東のホテル・ダニエリの裏

【オススメ書籍】
「トラットリアのイタリア語」(著/岩田デノーラ砂和子)
(※↑こちらのトップページから購入ページへリンクしています)
入店から基本オーダー、わがままオーダー、そしてお会計&トラブル対策。イタリアのトラットリア、ピッツェリア、リストランテで使う会話を網羅。イタリア語でオーダーができたら、イタリア旅行がもっと美味しくなる一冊です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。