ベネチアの代表的料理

運河沿いのリストランテで食事…ベネチアの思い出に一度はしてみたい!

運河沿いのリストランテで食事……ベネチアの思い出に一度はしてみたい!

地中海に囲まれているベネチア。ここで食べたいのは、やっぱり魚介類です。ベネチアの島々を取り囲むラグーナと呼ばれる潟では、新鮮な魚介類もあがります。まずは、そんなベネチアの代表的な料理から……

Pasta al nero di seppia(パスタ・アル・ネーロ・ディ・セッピア)
日本でもよく知られる真っ黒なイカ墨のパスタのこと。ベネチアが本場です。スパゲティが有名ですが、本場では手でひねったような形のショートパスタをよく使いますイカ墨を使ったソースは地中海の香り……ぜひとも食べたい一品です。

■Sarde in saor(サルディン・サオール)
骨ごと食べられる新鮮なイワシ

骨ごと食べられる新鮮なイワシ

揚げたイワシを玉ねぎと一緒に酢漬けにしたもの。アンティパスト(前菜)として、よく食べられます。

■Baccala' mantecato(バカラ・マンテカート)
干しダラの身をほぐしてペースト状にし、生クリーム等と混ぜたもの。独特の臭いがあるので好き嫌いが分かれますが、丁寧に作られたものは、こくのあるクリームチーズのようで美味。パンにのせていただきます。

■polenta(ポレンタ)
トウモロコシの粉を煮てペースト状にした主食のひとつ。ヴェネト州を中心に北イタリアの伝統的な料理です。ベネチアでは、ポー川のデルタ地区で栽培される「Biancoperla(ビアンコペルラ-白い真珠の意)」と呼ばれる白いトウモロコシを使っていたため、白いポレンタが正統派と言われています。パンのような「主食にあたり、ポレンタに煮込んだお肉やキノコを添えていただきます。

■moe'che(モエケ)
脱皮中の軟らかい小さなカニを卵液に漬けて揚げたもの。ベネチアのラグーナでとれるカニを使った、伝統料理のひとつ。かつては一般庶民の味だったラグーナのカニも、現在は手に入りにくく、高級食材となってしまいました。

また、魚介以外にも、近郊でとれる野菜には珍しいものが多く、ベネチアならではの種があります。小型で香りの良いアーティチョークなどは代表的。お米の生産高も多く、リゾットもよくメニューに並びます。

ワインは、ベネチア北部に、Conegliano(コネリアーノ)、Valdobbiadene(ヴァルドッビアーデネ)といったProsecco(プロセッコ-シャンパンのような微発泡ワイン)の産地があります。魚料理に、食前酒に、ぜひプロセッコも味わってみましょう!

さて、ベネチアで食べるべきものがわかったら、次はどこで食べるか? ここでは、現地の人に人気のリストランテ、トラットリア、そしてベネチアならではの食スポット・バーカロをご紹介します。