期待大のアイディア

フロントビュー
フリードは全長4215×全幅1695×全高1715mmの5ナンバーサイズとなるコンパクトミニバン。1.5Lクラスながら8人乗りを設定し、7、5人乗りを揃える。価格は163万8000円~225万7500円
ホンダの独創的なアイディアにはいつも感心させられる。2列シートミニバンのエデックスや3列シートの小型SUVであるクロスロード、あるいは走るベッド的なS-MX、観音開きドアのSUVであるエレメント、そして今回のフリードは、公道を走るロマンスカーばりに窓が広かったモビリオ、遊び道具ギアとして提案されたモビリオ・スパイクの後継にあたる。

今度の個性は出来も上々

リヤビュー
エンジンルームを三角形に、キャビンスペースを四角形としたのは、限られたサイズで最大限のスペースを得るためだろう。ストリームとステップワゴンを足して2で割り、8掛けくらいしたクルマという第一印象
個性的なSUVやミニバンをリリースしてきたホンダ。他の日本車メーカーとは違った企画モノの数々は取材する側としては面白いが、残念ながらすべてが販売的に成功してきたわけではない。「走りのホンダ」というDNAが存分に発揮できるクルマ、つまりスポーツカーが印象以上に少なく、ミニバンで稼いでF1を走らせると揶揄されることも!?

今後は順次、モビリオ、モビリオ・スパイクの販売が終了するから、このフリードへの販売店の期待は大きい。パッケージングに関しては驚くほどよくできているし、小さいことは軽くて燃費面も有利なことから、個人的にも待ってました!拍手を送りたい小型ミニバンだ。皮肉をいわれながらもミニバン作りに邁進してきただけあって、今度のフリードは個性だけでなく、完成度も高そうだ。

次ページは居住性について