5人乗りのフリードスパイク

フロントビュー
モビリオスパイクを踏襲するフリードスパイクがデビューした。全長4210×全幅1695×全高1715mmのコンパクトサイズが特徴。価格は159万8000円~246万8000円。FFと全高が1745mmになる4WDを用意し、1.5Lエンジンを搭載する
生産を終えていたモビリオスパイクを受け継ぐフリードスパイクがデビューした。フリードは「ちょうどいい」をキーワードに知名度を上げ、コンパクトミニバンとしてキャパやモビリオといった先輩を踏まえてヒットモデルに成長したのは周知のとおり。フリードスパイクもフリードの特徴である低床で5ナンバーサイズとは思えない広々した室内を受け継ぎ、3列目をレスとしたモデル。もちろん、単なる5人乗り仕様ではなく多様な仕掛けが用意されている。

フリードとの違いは?

リヤビュー
フリードよりも5mm全長が短いが、ホイールベースなどのサイズは同じ。エンジンスペックなどにも変更はない。ボディカラーはクールターコイズ・メタリックやパッションレッド・パールなど全7色を用意
フリードスパイクの最大の特徴は、室内を5人乗りとして荷室を拡大したことにあるが、後席もフラットに倒せるなど、3列ミニバンでは難しいビッグカーゴを実現している点にある。それでいて取り回しのしやすいサイズに抑えつつ、力強いエクステリアをまとうなど、フリードの派生モデルではあるがなかなか力の入ったモデルといえるだろう。

次ページはインテリアについて