アクの強い顔で存在感アップ

プレステージ外観
エリシオン・プレステージは顔つきが異なるため、ノーマルのエリシオンよりも少しボディサイズが拡大し、全長4920mm×全幅1845mm×全高1790mm(FF)。ホイールベースは同一の2900mm。価格は357万円~451万5000円。

ホンダ・エリシオン・プレステージ
。ついに来たというべきか、ミニバンも300psの世界に到達した。そのパワーはどうなのか、気になる向きも多いだろう。販売面でライバルに何馬身も水を空けられていたのは事実で、起死回生の飛び道具的役割を担う「スペシャル・エリシオン」。その注目の振る舞いは、意識しなければ強心臓を感じさせず、意外なほどミニバンとして求められるバランス感覚の持ち主だ。


大人の走りができる速さ

エンジン
エンジンはレジェンドと同じJ35A型。3.5LのV6SOHCは300ps/6200rpm、36.0kg-m/5000rpmと、スペックもレジェンドと同一
試乗したのは「SG HDD NAVI Package(395万8500円)」のFFで、コンフォートビューパッケージ、本革シート+シートヒーターなどで総額458万8500円に跳ね上がる。試乗は1人で、そして最大7人のフル乗車時でも乗ることができた。

走り出しの印象は意外にジェントル。どれだけじゃじゃ馬なのか!? と思っていたが、極低速域ではもの足りないくらいだ。回してパワーを得る高回転型のエンジンだけに、街中ではよほど不用意に踏み込まない限り、ホイールスピンに見舞われることはないだろう。高回転型だけに、少なくとも街中では重量のあるミニバンにはマッチしているとは思えなかった。もう少し極低速域のトルクが欲しい。

次ページでは、高速道路での走りについて解説。