K氏:::これどう?。

O君:::どうって、このクルマはプジョー307スタイルでしょ。Kさんの担当はRVなんだから、関係ないじゃないですか。

K氏:::違うよ。ヒコーキのほうだよ。この間、初飛行を終えたばかりで。無事の御帰還というわけ。まっ、上空飛行だけで、離着陸は池上のラジコンショップのマスターにしてもらったんだけどね。

O君:::はいはい、分かりました。エルグランド/アルファード比較の第3弾を始めますよ。前回の時にFFとFRの違いで、妙にもったいを付けた言い方をしてたじゃないですか。ふつうに使っていて、そんなに違いますか。

K氏:::そんなに違わないな。ただ、重量級のクルマで、しかも重心が高いミニバンだろ。トラクションの限界って気にならないかい?。

O君:::別にサーキットを走るわけじゃないし、 良いんじゃないですか。

K氏:::いやね、雪道なんかの滑りやすい路面での登坂なんだわ。あるいは雪道の発進性能でもいいよ。実際に走ってみないと分からないけど、物理的にはアルファードにハンデがある。積載荷物が重くて、後輪荷重が大きくなればなおさらだな。

O君:::アルファードの前身っていうのかな、グランビアってFRでしたよね。

K氏:::FFのほうがスペース効率が良いじゃない。リヤサス周りの構造が簡単になるのは低床フラットフロアでは大きなメリットだろ。以前は後輪荷重が大きくなる使い方が多い商用用途も配慮していたが、アルファードは乗用専用モデルだから、ヘビーな使い方への対応よりもワゴンとしての使い勝手や性能を重視してFFにしたわけだな。

O君:::ということは、降雪地域の人と、とくに重い荷物を積む機会が多い人はエルグランドを選んでおいたほうがいいわけですか。

K氏:::ただ、FFには駆動輪が滑った時に方向性が乱れにくいってメリットもあり、一概にはFRにすべしとも言い難いね。

O君:::そういえば、随分前に降雪地域のドライバーの人からFFは坂が上れないから、って話を聞いたこともあるけど。ボクの実感では、そんなに大きな違いがあるとは思えない。

K氏:::使用環境は様々だからね。気にする人は気にするわけだな。もっとも、ボクが降雪地域のドライバーならば、多少高く付いても迷わず4WDモデルを選ぶけどね。FFとFRの違いを論じたところで、その違いは2WDと4WDの差と比べれば大したことない。

O君:::FRはトラクション、FFは安定性が長所みたいな話が出たけど、それって、この2車の一般的な走り方で違いとして出ますかね。

K氏:::うーん、難しいな。駆動方式やサス形式の違いが操安や乗り心地に与える影響はあるけど、あくまでも理論上の問題でしょ。フットワークって、もっと細かな設計の積み重ねで決定するものでね。

O君:::ジオメトリーとかバネや減衰力なんかのチューニング、フレーム剛性とか色々ありますよね。

K氏:::スペックには出ないけど、ブッシュ類のコンプライアンス成分(歪み)なんか、クルマの動きにもろに影響するからね。