ドライバーラインナップも大きく変化!必勝体制!

「HSV-010 GT」を投入して新しいシーズンに挑むホンダ。
記者発表では早くもドライバーラインナップを明らかにした。
HSV-010GTを駆るドライバー達と監督たち
【写真提供:本田技研工業】
【ホンダGT500 ラインナップ】
8 「ARTA」 ラルフ・ファーマン/井出 有治
17 「リアルレーシング」 金石 年弘/塚越 広大
18 「童夢レーシング」 小暮 卓史/ロイック・デュバル
32 「ナカジマレーシング」 道上 龍/中山 友貴
100 「チームクニミツ」 伊沢 拓也/山本 尚貴

今年も5台体制で挑むホンダであるが、ドライバーの組み合わせが大きく変わったことが今年の最大の特徴だ。同じラインナップで挑むのは昨年「KEIHIN NSX」を走らせた「リアルレーシング」の17号車のみ。その他のチームではドライバーの大シャッフルが行われた。

特に注目は、ホンダ勢の中ではワークスチーム的な存在の18号車「童夢レーシング」の組み合わせである。ホンダの若きエース、小暮卓史に加えて、フォーミュラニッポンで王座に輝いたロイック・デュバルが移籍。国内トップレベルのフォーミュラドライバーがエースマシンを走らせる。
ナカジマレーシングから移籍のデュバル
【写真提供:本田技研工業】
また、その18号車のエースとして長年君臨したベテランの道上龍は新規一転で、中嶋悟が率いる「ナカジマレーシング」へと移籍。若手の中山友貴とコンビを組む。道上にとってはダンロップタイヤを使用しての新しいチャレンジのシーズンだ。

他には、ホンダの若手の新機軸になりそうな2人が高橋国光率いる「チームクニミツ」の100号車を走らせる。ラルフ・ファーマンにGTの手ほどきを受けた伊沢拓也をエースに、GT初参戦の山本尚貴が加わる。山本は2年前の伊沢と同様、未来のエース格と目されているだけに、互いに刺激し合えるコンビになるだろう。
期待の若手、山本尚貴
【写真提供:本田技研工業】
このように、今年のホンダのドライバーラインナップを見てみると、実に理に叶った説得力ある「適材適所」の組み合わせになっていることが分かる。それぞれの役割分担がハッキリしており、最終的にはチャンピオンをきっちりと取りに行くという狙いが見える。もちろん、チャンピオンの最有力候補は18号車の「童夢レーシング」であろう。驚異的な速さとセンスを持ち合わせたダブルエースコンビは、ニッサンの本山・トレルイエ組、レクサスの脇阪・ロッテラー組に真っ向から勝負できるものだ。まさに勝つために作られたラインナップといえるだろう。

それにしても、これだけ体制を強化して、ホンダが求めるものは何なのだろう?市販ベース車両を持たない「HSV-010 GT」がSUPER GTに参戦することにはその理由が見え隠れする。次のページでご紹介したい。