クイックなS字コーナーでの動きに注目!

既に2回開催された鈴鹿サーキットでのテストではそのフォルムにも注目が集まったが、それ以上に完成度の高い走りを披露したことが何よりの驚きだった。特にS字コーナーの動きは非常に秀逸で、その様はコーナリングマシンとして名を馳せた「NSX」のイメージそのままである。エンジンのレイアウトはMRからFRへと変わったが、ドライバーにとってはこの変化はどうやら問題が無いようで、素早く順応できている様子。「HSV-010 GT」のドライバビリティはかなり良さそうだ。
Honda HSV-010 GT
【写真提供:本田技研工業】
そして、2回のテストを大きなトラブルを抱えることなく終えたことも良かった。これまでの「NSX」はエンジンの仕様を変更したり、攻めたパーツを取り入れたりするたびに大きなトラブルを起こしていた印象が強いが、「HSV-010 GT」はどのマシンもマイナートラブルはあったにせよ、コース上で突然ストップしたり、マシントラブルでクラッシュするといったシーンは2回のテストでは見られていない。有益なデータをたくさん取ることができ、信頼性の高さを証明したことはドライバーの士気向上にもつながっていくだろう。今のところ「HSV-010 GT」に目立ったハンデは見つけられない。

どれくらいのタイムで周回できるか?

よくよく考えてみると、「HSV-010 GT」はホンダにとって初めてのFRレイアウトのレーシングカーである。市販車ではS2000などのFRスポーツカーは存在するが、近年のレーシングカーとしてはミッドシップのNSXとF1しか作っていなかったから、FRは初めての挑戦ということになる。

しかし、現在のSUPER GTの規定が策定された当時から、FRスポーツカーでの参戦は既に決定されていたものであり、それに向けての市販車開発、さらにはFRレーシングカーの研究は進められていたので問題はない。むしろ、市販車に影響されずにじっくりと時間をかけて作り上げられたものだから、自信作と呼べるものになっているのではないだろうか。
Honda HSV-010 GT
【写真提供:本田技研工業】
では、実際に「HSV-010 GT」は速いのか? 
1月中旬に行われたメーカーテストではレクサスSC430、ニッサンGT-Rも走行するとあって注目を集めた。ニッサンはGTRにミシュランタイヤを装着していたし、さらに新開発の3.4リッターエンジンを搭載していたとされ、各メーカーごとに様々なトライが行われていたようだ。その中で、トップタイムを記録したのはGT-Rで、1分52秒531。SC430も1分52秒640をマークするなどしたが、それに対して「HSV-010 GT」のトップタイムは1分54秒133と少し遅れをとっている。

しかし、最終日に雨が降ったことを考えれば、53秒台も充分マークできたのではないかと予想できる。実際に最終日は途中まで区間タイムで最速を記録しながら、後半でタイムを落としたり、アタックを途中で辞めたりするシーンが何度も見られ、無用な好タイムの記録を避けているかのようであった。ホンダ陣営はおそらく「HSV-010 GT」のポテンシャルの高さに自信を持っているのではないだろうか。

「HSV-010 GT」の本当の速さが見られるのはいつだろうか?