フェラーリF1工場の横は専用サーキット

フィオラノ・サーキットの入口。
フェラーリが凄いのは、F1ファクトリーの横に専用のサーキット「フィオラノ・サーキット(Pista Di Fiolano)」を所有していることである。今年はシーズン中のテスト走行が禁じられ、アップデートされたF1マシンの走行を見ることができないが、シューマッハ率いた黄金時代にはファクトリーで作られたF1マシンがそのままコースへと飛び出し、ひっきりなしにテスト走行が行われていたということだ。
金網ごしにサーキットの様子が見れる。

しかし、フィオラノでは旧型のフェラーリF1マシンの走りを観ることができるかもしれない。世界中の旧型F1オーナーへデリバリーするために、フィオラノでは今も頻繁に旧型F1のテスト走行が行われているという。もちろん、最新のロードカーのテスト走行も行われるが、残念ながら私が訪問した時には何も走っていなかった。静かなマラネロの街にF1のエンジンサウンドが響きわたれば、この街もまた違ったイメージに見えてくるのかもしれない。サーキット近辺は住宅街になっているし、住宅街を歩けばコースサイドまで行くことができ、何が走っているかは一般の人に丸見えである。

ヴィルヌーブの銅像。
なお、フィオラノ・サーキットも入場不可だが前まで行くことができる。アスカリ通りの筋から5分ほどディノ・フェラーリ通りを歩くとジル・ヴィルヌーブの銅像が見えてくる。ヴィルニューブ通りを右に曲がって少し歩くと入口である。なお、途中に2カ所からサーキット内を覗くことができ、目の前をF1マシンが走るチャンスに巡り合えばラッキーだ。なお、サーキット内にはエンツォ・フェラーリの家も残されており、全てのフェラーリドライバーはこの家でレーシングスーツに着替えるのが伝統だそうだ。

ヴィルヌーブの銅像の後ろの家は売りに出されているようだった。熱狂的なティフォシなら、別荘にいかがだろうか?


マラネロにはエンツォの命が宿る

マラネロはフェラーリのファクトリーが無ければ単なるイタリアの田舎町である。この日はF1イタリアGPの直後ということもあり、F1ファンが多数訪れていたが、普段は本当にどこにでもあるような静かな街だろう。こんな静かな所でF1マシンやスポーツカーが製造されているとは本当に驚いてしまう。

しかし、この街には独特の、とても不思議な空気がある。フェラーリのショップやミュージアムがあって街全体がフェラーリに染まっている反面、ピンと張りつめた、どことなく切ない空気が漂っているのだ。言葉では表現しがたいが、その空気はレース屋さんたちがテスト走行などの仕事をする平日のサーキットのそれにもよく似ている。
ジル・ヴィルヌーブが駆った312T5

この街の空気はエンツォ・フェラーリのレーシングスピリットそのものなのかもしれない。偉大なる創始者がこの世を去って既に10年以上経つが、ミュージアムに展示されているマシンを見てもエンツォが愛したドライバーに対する敬意を感じられるし、街の通りの名前は「タッツィオ・ヌボラーリ」「アルベルト・アスカリ」「ジル・ヴィルニューブ」らの名ドライバー、そして彼が溺愛した息子「ディーノ・フェラーリ」などエンツォが愛した人ばかりである。

彼が持っていたレースに対する凄まじい情熱が今もこの街には生き続けている気がしてならない。マラネロは私のような単なるレースファンにもそんな「特別な体験」をさせてくれる素晴らしい街だ。

レースが好きな方、車を愛する方には、一生のうちに一度は必ず訪れて欲しい場所である。


【関連記事】

フェラーリを感じるイタリアの旅

【All About「モータースポーツ」】
All About モータースポーツ トップページ

All About「モータースポーツ」のメールマガジン好評配信中! 登録はコチラ 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。