打倒アルファード!

日産エルグランド
同じセグメントとなるアルファード/ヴェルファイアの今年前半の販売台数は6位。高いユーザーニーズが伺える

今や時代の流れに乗っていると言いにくくなってきた大型のミニバン(妙な日本語ですけど)ながら、需要は案外多い。アルファード/ヴェルファイア兄弟の今年前半の販売台数を調べてみたら5万1267台で、カローラに次ぐ6位。平均車両価格が300万円を超えるとあって稀少な収入源になってます。

されどこのクラスで売れているのはトヨタ勢のみ。日産エルグランドや、アルファードを強く意識したホンダエリシオンについちゃ「風前の灯火」状態といってよかろう。トヨタの一人勝ちだったワケ。面白くないのが日産である。なんせエルグランドこそ大型ミニバンの元祖なのだ。

日産エルグランド
先代は商用車のシャシを使用。乗用車シャシであったアルファードと、大きく差が開いてしまった。当然、新型は乗用車シャシとなる

初代エルグランドは、アルファードの前身モデルだったグランビアを販売台数で圧倒! しかし2代目モデルで大失敗してしまう。トヨタは旧式の商用車シャシを使っていた後輪駆動のグランビアをFFの乗用車シャシに変えアルファードとしたのだけれど、日産は2代目も商用車シャシのFRのままとした。

結果、燃費でも快適性でも室内の広さでもアルファードに圧倒されてしまう。文字通り「コテンパンにやられてしまった」。といった経緯あって、新型エルグランドの開発テーマは「打倒アルファード!」。発表会の席でもエルグランドの開発責任者自ら「アルファードなんぼのもんぞ!」。

当然ながら新しいエルグランドはFFの乗用車シャシである(ムラーノと同じフロア)。さらにボディサイズも一回り拡大し、アルファードと並べたって見劣りのしない押し出しの強さをアピール。何よりデザインがインパクトあります。ここまで気合い入れたんだから日産だって自信満々だと思う。