「欲しい!」と思ったら、迷うこと無し!

日産ジューク
足回りは、意外にも硬めのセッティング。SUVとは思えない、シャープな走りが楽しめる

意外だったのがハンドリング&乗り心地。けっこう硬めの足回りを持っており、背の高いSUVと思えないほどシャープかつキビキビしている。試しにコーナーを攻めてみたら、コーナリングスピードに驚いた。加えてリアサスペンションの限界がとっても高い。兄貴分のデュアリスと似てます。

乗り心地だって積極的にホメられる。もちろん「極上の乗り心地」というレベルではないものの、1.5リッター級のクルマとして評価すれば「上」の部類。輸入車から乗り換えたような、乗り心地にウルサイ人なら「普通の日本車じゃん」と思うだろうが……。日本製ショックアブソーバーの限界か?

日産ジューク
同クラスの国産車と比べると、乗り心地は良好。秋にはターボエンジン搭載のグレードが追加される

以上「ジュークの購入を考えている」という人なら、迷うこと無し! もし「姿勢制御装置VDCを付けたい」と考えているなら、秋に追加される1.6リッターの過給エンジン(4WD)を待ったらいい。そうそう。狭そうに見えるリアシートは、何とか実用に耐える広さを持っていると評価しておく。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。