“風穴”かと思いきや……

ジューク
東京モーターショーに出展されたコンセプトカー・カザーナの市販バージョン。コンパクトスポーツカーとSUVのクロスオーバー車となる

モーターショーで『カザーナ』とネーミングされたジュークのコンセプトカーを見た瞬間「ジョークでしょう」と思った。あまりに奇抜で、とうてい市販を前提としたクルマに見えなかったからだ。その後、日産のデザインを統括する中村史郎さんに聞いたら、ボディを構成する鉄板は市販車と全く同じだという。

しかし! 最後のモディファイを行った最終モデルの写真を見て「あららら?」。もしかすると悪くないかもしれません。もちろん私は今でも全く受け付けない。けれど初代キューブの時に感じた「輝き」をジュークでも感じたのだった。おそらくジュークのデザインが大好きだという人は少なくないだろう。

興味深いことに日産の開発担当者自ら「ゴルフに例えればフェアウェイのド真ん中というワケじゃないけれどOBでもない」。つまり十分競技続行可能なラフに落としたとコメントしているそうな。まぁあえてラフを狙う人もいないだろうが、ウデに自信あればショートカットになるかもしれません。いずれにせよ面白い例えです。