九州・大分に日本一美しいダムがありました!

治水や水力発電など目的は様々ですが、私たちの暮らしを支えているダム。

日本国内には小さなものから大きなものまで実にたくさんのダムがあります。自然の中に出現する大きな構造物なので、黒部ダムのように観光名所化している所も多いですね。

今回は、そんなダムの中から「日本一美しいダム」の称号を与えるにふさわしい、大分県竹田市にある白水堰堤(はくすいえんてい)をご紹介します。

 

日本一美しいダム、白水溜池堰堤

白水溜池堰堤(1)

水の流れが美しい白水溜池堰堤。下流から見て左側の護岸はカーブを描いていて、流れ落ちた水が90度方向を変えることにより、上から流れる水の力を弱めるという効果をもたらしています(2002年5月撮影)

竹田市は、大分県の南西部に位置する街で、瀧廉太郎が「荒城の月」を作曲する時にイメージしたという岡城址や、きれいな水がこんこんとわき出る湧水群があることで知られています。

今回ご紹介する白水堰堤Yahoo!地図情報)は、竹田市の西、阿蘇の外輪山にほど近い荻町(おぎまち)にあるダム。

正式名称は白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)といい、阿蘇の外輪山を水源として大分県を東西に流れる大野川に1938年(昭和13年)に造られました。

高さは14メートルと、ダムとしては小さなもの。河川法という法律では高さ15メートル以上をダムと定義しているので、法律上は「堰(せき)」という扱いです。