メーカー受付の高木さんは、バッグもポーチも大人スイート主義

画像の代替テキスト
高木さんがこの夏お気に入りの通勤服は、FREE’S SHOPで購入した花柄ワンピース(14,000円)。NATURAL BEAUTYの七分袖ジャケット(12,000円)を羽織って、通勤にふさわしいキレイめスタイルに。バッグは、Kate Spate(約5万円)のもの。

姉キャンやデジタルefなど、OL向け雑誌で読者モデルとして活躍中の高木綾美さん。会社に着くと受付用の制服に着替えるため、オフィスコードは比較的ゆるい、とのこと。

でも、社会人キャリア5年の彼女は、さすが。「通勤服は、カジュアルになりすぎないように、キレイめコーディネイトを心がけている」とのこと。愛用している通勤バッグは5個くらいあり、どれも比較的コンパクトなサイズ。「さりげなく甘めなテイストが加わった、大人スイートなコーディネイトが好きなので、大きいバッグは持ちません」と語る高木さんですが、バッグの中に入っているものを見せていただいたら、デジカメやバンドエイドなど、意外にいろいろなものが入っていました。

でも、ポーチは縦10?×横15?くらいと、かなり小さめ。「受付メイクは、ナチュラル感が大切。化粧直しもポイントを絞って、手短かにすませる主義です。ペンタイプのアイシャドウでさっとリタッチして、ペンシルで眉を直し、リップをつけなおすくらい。チークやビューラーなどはあえて直す必要がないとわりきって、持ち歩かないことにしています」

画像の代替テキスト
高木さんのバッグの中身。「柄が大好き」というプッチの財布、オペークで購入したお花のポーチ(2000円)、携帯電話、ヴィトンの定期入れ・キーケース、デジカメIXY、シュシュ、ヘッドホーン、「急な靴づれ対策に使う」バンドエイド、ブレスケア、エチュセのリップクリーム、モイスチャークリーム。




画像の代替テキスト
ポーチの中身。「ファンデーション以外はすっきりスマートに収納できるペンタイプです」イプサのファンデーション、インテグレートのアイシャドウ・アイブロウ・口紅・グロス、エチュセのアイライナー、毛抜き、ピンどめ、クロエの香水



次のページでは、アナウンサー小川さん愛用のA4サイズの原稿もはいるバッグと中身をご紹介します。