茶系バッグで作る「こなれ配色」テクニック

反対色,補色,コーディネート,ファッション

簡単にできる洗練配色テクニック

ステキなデザインのバッグを見つけ、そのバッグにカラーバリエーションがあった場合、みなさんは何色を選びますか? もちろん、デザインや素材、金額によるとも思いますが、「迷ったら黒を選ぶ」と言う人は、案外多いのではないでしょうか?

ですが私はここで、断然茶系の色をおすすめします。個人的にも大好きな茶系のバッグは、黒バッグのように重く見えることもなく、どんな色にも合いやすい便利カラーでもあるんです。

でも、万能カラーだからと言って、茶系のバッグをただなんとなく使ってしまってはもったいない! 今すぐ使える、小物使いをワンランクアップさせるテクニック、『反対色使い』をご紹介します。


そもそも反対色って?

反対色,補色,コーディネート,ファッション

色相環上で反対に位置する色

少し専門的な話になりますが、「この色に合う色は何色?」ということを考える時に役立つツールとして「色相環」というものがあります。右の図のように、色を輪のように並べたものです。

色相環上で反対に位置する色のことを補色とか、反対色といいます。反対色関係になる色同士は色味に共通項が感じられないので、組み合わせることでインパクトを出すことができます。

 

茶色の反対色は?

茶色の反対色……この図では、彩度をあげたオレンジで考えていきましょう(彩度の高い色同士を合わせると派手な印象になってしまうので、ファッションでこのテクニックを使う場合にはオレンジではなく、彩度低めの茶系での応用がいいでしょう)。茶系の反対色は、図の通り青! これが、茶系の小物にブルー系の洋服を合わせると、洗練された印象になる根拠なんです。

茶系とブルーが好相性な根拠はまだあります。ブルーなどの寒色は色相学上、「後退色」と呼ばれる色で、遠くにあるように感じられる色。暖色は「進出色」といって近づいて見える色なので、合わせるとコーディネートに立体感とほどよい存在感を出すこともできます。

それでは、すぐに取り入れていただけそうな、コーデの例をご紹介していきます。

茶色×ブルーのコーデ実例

1. デニムなら簡単に反対色コーデが作れる
反対色,補色,コーディネート,ファッション

デニムなら計算要らず!

誰もが1本は持っているブルーデニムは、最も簡単に取り入れられるアイテム! 茶系バッグと合わせるだけで反対色コーデが完成します。

2. 春夏ならカゴバッグも◎
反対色,補色,コーディネート,ファッション,デニム,かごバッグ

季節感も出せる便利なカゴバッグ

春から秋のはじまりまで使えるナチュラルな色みのカゴバッグも、手持ちのブルーデニムに合わせるだけでOK!ラフな素材の組み合わせなので、休日コーデなどカジュアルなシーンに最適です。

3. 大人っぽい印象のグレージュのバッグ 
反対色,補色,コーディネート,ファッション

大人っぽい印象になれるグレージュバッグ

普通の茶色では物足りない……という人には、ベージュにグレーが混ざったグレージュのバッグを。グレージュという色は、絶妙なニュアンス感と落ち着いたトーンで大人っぽく上品な雰囲気を印象づけることができます。どんな色にもマッチする万能カラーではありますが、もちろん反対色のブルー系との相性も抜群です。

いかがでしたか? 反対色コーデテクニックを洋服とバッグの色を例にとって解説しましたが、もちろんこの限りではなく洋服のトップスとボトムス、ボトムスとシューズなどでも反対色コーデは作ることができます。意識的に取り入れ、品よく洗練されたコーディネートを目指しましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。