今季注目したい「エコファーバッグ」

WEAR

今季「エコファーバッグ」を投入したい

秋冬の定番アイテム「ファーバッグ」。コーデに投入した途端、一気に季節感がプラスされるので、活用している大人女性も多いことでしょう。

2021年9月、グッチやサンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガなどの有名ブランドを持つフランスの高級ブランドグループ「ケリング」が、傘下の全ブランドで2022年秋コレクション以降、製品に動物の毛皮を使用しないことを発表しました。

その発表の影響からか、今季はアニマルファーを使用しないファーフリーのバッグに注目が集まっています。エコファー(フェイクファー)バッグは、デザインのバリエーションが多く、シンプルなトートバッグからトレンド感のある巾着型バッグなども登場しており、選ぶ楽しみも豊富。

今回は、そんなエコファーバッグを活用した、この秋冬トライしたいコーデを4点ピックアップ! 早速、みていきましょう。
 

1. 女性らしさを感じさせるエコファーがあしらわれたトートバッグ

WEAR
 

出典:WEAR

ボリュームたっぷりのファーがあしらわれたトートバッグ。カジュアルながらも女性らしさを感じさせる上品なアイテムです。カラーもシーズンにマッチする落ち着いたブラウンカラーで、デイリー使いに◎。取り外しのできるショルダーがついているタイプなら、シーンに合わせて使い分けることが可能です。

「UNIQLO(ユニクロ)」のエクストラファインメリノリブタートルネックセーターに、ブラックのロングスカートを投入して上品に。ノーカラーロングコートを肩掛けすることで、今っぽい着こなしが叶っています。
 

2. ドローストリングバッグで今っぽく

WEAR

出典:WEAR

ふっくらとしたエコファーのドローストリングバッグ。ドローストリングとは「引き紐」という意味。つまり日本人には馴染みのある巾着バッグのこと。秋冬のスタイリングに最適な、落ち着いたダークブラウンカラーがクラシカル感のあるコーデに一役買ってくれます。

画像のように、サイドにスリットが入ったタートルネックニットに、ブラウンのセンタープレステーパードパンツといった、シンプルなスタイリングにさらりと合わせるだけで、最旬コーデが完成します。見た目以上に荷物がしっかり収まるタイプなら、活用頻度が上がりますよ。
 

3. アニマル柄のエコファーバッグをアクセントに

WEAR

出典:WEAR

モコモコ素材のエコファーが、シーズンムードたっぷりのポシェット。コロンとしたフォルムが、可愛らしさを加速させています。秋冬に持ちたくなるレオパード柄を選べば、可愛さの中にも大人っぽく、クールなアクセントを添えてくれます。ショルダーストラップがゴールドチェーンのものなら、リッチなムードが加味されますよ。ちょっとしたお出掛けにぴったりのアイテムです。

オーバーサイズのカーディガンをトップスに、ボトムスには「GU(ジーユー)」の細めのブラックデニムパンツを投入することで、バランスの良いコーデに。足元にはスニーカーではなく、チェーン付きのフラットシューズを持ってきて、きちんと感をプラスしています。
 

4. 鮮やかなブルーのエコファーバッグをコーデの主役に

WEAR

出典:WEAR

鮮やかなブルーカラーが、ひときわ目を引くエコファーバッグを主役にしたコーデ。画像のようにハンドバッグとして持つほか、ショルダーバッグとしても使用可能な2WAY仕様なら、様々なシーンで活用できます。

リブ素材のクルーネックニットアップは、時短コーデを叶えてくれる上、着用するだけで簡単におしゃれに見えるので、一着ワードローブに揃えていると便利です。ウールハットとサングラスを投入することで、目線が上がり、スタイルアップ効果が期待できますよ。

以上、エコファーバッグを活用した、この秋冬トライしたいコーデを4点ご紹介しました。ぜひ、今季エコファーバッグをスタイリングに投入してみませんか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。