この秋話題集中の映画『プラダを着た悪魔』

プラダを着た悪魔
これが私の思い描いていた世界?! 鬼上司の元で挫けそうになっても、絶対に負けない!TM & (C) 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

働く女性なら誰でも共感してしまう等身大の悩みを、華やかなファッション業界を舞台にゴージャス&ユーモラスに描いた今年最高のビタミン・ムービーとして、映画公開前から話題集中の『プラダを着た悪魔』。大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたお洒落には全く関心のないアンディ(アン・ハサウェイ)。そんな彼女が手にした職業は、世界中の女性たちが憧れる一流ファッション誌『RUNWAY』のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタント。しかしミランダの要求は悪魔的にハイレベルで、今まで何人ものアシスタントを首にしてきた鬼編集長だったのです! キャリアのためとはいえ、彼氏の誕生日は祝えないし、友達には愛想を尽かされるし、私生活はめちゃくちゃ・・・・・・私って、本当は何をしたいんだっけ?
プラダを着た悪魔
TM & (C) 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

華やかな世界を舞台にしているだけに、同時に話題を集めているのがそのファッション。映画タイトルにもなっているプラダはもちろんのこと、シャネル、ドルチェ&ガッバーナ、フェンディ、エルメス、ヴァレンティノ、ダナ・キャラン、ジョン・ガリアーノ、ミュウミュウ、ケイト・スペード、カルバン・クラインなど、思わず目を奪われてしまうような数多くの有名メゾンのファッションが続々と登場! まるで「ヘンゼルとグレーテル」の童話の世界に出てくるお菓子の家に迷い込んだかのような、視覚的にも充分楽しめる映画です。

そしてそれら衣装を担当しているが、アメリカでは社会現象にまでなったドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のスタイリングを手掛け、世界中が注目するカリスマ・スタイリスト、パトリシア・フィールド。今回ご紹介するアイテムは、映画『プラダを着た悪魔』の中で主人公アンディが使用していたものと同モデルのエディターズバッグ! アメリカで大ブレイクしたこのエディターズバッグは、パトリシア・フィールドがデザインを手掛けたもの。一体どんなデザインなのか、とても気になるところ。日本ではコファーズのみの独占・限定発売なんです! そして、今コファーズでこのエディターズ・バッグをお買い上げいただいた方には、パトリシア・フィールドによる映画裏話やエディターズ・バッグのデザイン秘話などが詰まったコファーズ限定のコンセプトブック「SPECIAL MESSAGE from Patricia Field」をプレゼント中!

【CONTENTS】
Page2: 日本ではコファーズのみの独占・限定発売のエディターズバッグ
Page3:真のファッション先駆者 パトリシア・フィールド

次のページでは、そのエディターズバッグの魅力を徹底解剖します。