真のファッション先駆者 パトリシア・フィールド

Patricia Field
『プラダを着た悪魔』で衣装を担当したカリスマ・スタイリスト、パトリシア・フィールド。
パトリシア・フィールドと言えば、今やカリスマ・スタイリストとして世界中の注目を浴びる存在。アメリカでは放送開始直後から社会現象を巻き起こしたドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の衣装を手掛け、またTV界のアカデミー賞ともいえるエミー賞を4度獲得した他、多くの衣装デザイナーの賞を受賞した経験もある実力派スタイリスト。ギリシャ系ニューヨーカーであり、ニューヨーク大学では哲学を学んでいた彼女は、非常に聡明かつスマートな女性。ミックススタイルを得意とする彼女の作り上げるオリジナリティ溢れるスタイルやアイテムには毎回テーマがあり、多くの人々を魅了し続けています。『プラダを着た悪魔』でもそんな彼女のスタイリングにかける情熱が伝わってきます。自由な発想、新しいアイディアから生み出される、キャラクターの個性を最大限に表現したスタイリング。マンハッタンのデパートでアシスタントバイヤーとしてファッション界に足を踏み入れてから、今もなおファッション界において多大な業績を残しているパトリシア・フィールドこそ、真のファッション先駆者と呼ぶにふさわしい人物なのです。


仕事に恋に悩みながらも、がんばるすべての女性のために

プラダを着た悪魔
今の状況を乗り越えれば、きっと未来は明るいはず!そう思って前に進んでいこう。TM & (C) 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
editors bag
プライベートを犠牲にしたって、いつかきっと報われる日がやって来る! そんな風にアンディのようにがんばる日々を過ごしているすべての人に捧げたい、エディターズバッグ。

この映画『プラダを着た悪魔』は、今秋お薦めの話題作! きっとこの映画を観終わった後、あなたの心に何かが生まれるはず。主人公アンディが劇中でも使用していた、パトリシア・フィールドがデザインしたこのエディターズバッグは、アンディと同じような感情を味わったことがある、もしくは今現在そのような状況下に置かれている、またはアンディのようなファッションに憧れる、そんな女性にこそ是非とも手に入れて欲しいもの。このバッグを持てば不思議とパワーが沸いてくるような、そんな気分を感じられるはず。あなただけの特別なエディターズバッグとなる予感!

【取材協力】
□20世紀フォックス映画
『プラダを着た悪魔』
いよいよ2006年11月18日(土)より、日比谷スカラ座他、全国にて待望のロードショー!

ここで、嬉しいニュース!!
11/11(土)「おしゃれ先取り」特別上映をご覧のお客様に、今回ご紹介したパトリシア・フィールド・デザイン「エディターズ・バッグ」を抽選でプレゼントします!
実施劇場:日比谷スカラ座 4名様/渋東シネタワー 3名様


【関連記事】
コファーズで厳選! 秋の艶モード小物
最新トレンドは「超デカバッグ」へシフト!

【最新記事】
セレブタイプ別ファー&ニット小物攻略!
今年はコレを買う! 厳選ブーツBEST5
秋、デキル女はバッグに何を入れる?

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。