CONTENTS
その1:鏡の視覚的効果で新しい空間をつくる
その2:1時間で完成!ボーダー壁紙で奥行きを広く見せる
その3:カーテンの色柄で天井を高く見せる
その4:リビングを屋外に広げる視覚マジック
番外編:発想を変える!床面積ではなく容積で考える

その3:カーテンの色柄で天井を高く見せる

カーテンの縦に伸びる線の効果、背の高くない家具の相乗効果で、窓や天井を高く見せることができます。
カーテンの縦に伸びる線の効果、背の高くない家具の組み合わせで、窓や天井を高く見せることができます。
【参考商品:Crowson, Elena】

窓は、部屋の中で広い面積を占める重要な構成要素です。カーテンの選び方によって、お部屋の印象はガラリと変わってしまうものです。

季節の変わり目に、カーテンを替えて、季節感のある暮らしを楽しみませんか?
天井を高く見せるためには、右の写真にように縦方向に展開するテキスタイルデザインが効果的です。背の高くない家具との組み合わせ、カーテンを家具と同じ色にして、統一感を持たせるのもポイントです。

これから夏に向うシーズン、お手持ちの家具の色・素材との相性を考慮しながら、軽やかな色・素材のカーテンにチェンジしてみてはいかでしょうか?

【取材協力】
French-brands.com
ファッションとクリエイターの街、パリに拠点を置く、「フレンチ・ブランド」。インテリア・デコレーションの「粋」を極めたフランスのブランドを取り扱っています。

その4:リビングを屋外に広げる視覚マジック

これから夏に向うシーズン、バルコニーを第二のリビングとして活用してみませんか?
これから夏に向うシーズン、バルコニーを第二のリビングとして活用してみませんか?

これから夏に向うシーズン、屋外で過ごすのも気持ちがよいものです。バルコニーを第二のリビングとして活用してみませんか?ウッドタイルを利用すると、1坪50,000円程度で、施工することができます。
実際にバルコニーに出なくても、床の素材が天然木に変わるだけで、視覚的に床面積が広がったように感じられます。グリーンを置いたり、夜間、照明を灯したり、空間の楽しみ方がぐんと広がるのではないでしょうか。

【取材協力】
リフォームのお手伝い・壁紙屋本舗

>>次のページは、番外編、発想を変える!新しいマンションの設計をご紹介します!