転勤や結婚など、この春から新しい生活をスタートされる方も多いと思います。新しい部屋をどのようにしつらえていくのか?と考えるのはとても楽しい時間ですね。同じ部屋でも、模様替えするだけで気分が違ってきます。同じ広さの部屋でも、視覚的効果によって、天井を高く見せたり、奥行きを広く見せたりすることができます。今回は、お部屋を広く見せるテクニックをご紹介します!


CONTENTS
その1:鏡の視覚的効果で新しい空間をつくる
その2:1時間で完成!ボーダー壁紙で奥行きを広く見せる
その3:カーテンの色柄で天井を高く見せる
その4:リビングを屋外に広げる視覚マジック
番外編:発想を変える!床面積ではなく容積で考える

その1:鏡の視覚的効果で新しい空間をつくる

鏡にモノや空間が映りこむことによって、視覚的に部屋を広く感じさせることができます。 【参考商品:cosine/ドレスラック(ミラー)メープル材】
鏡にモノや空間が映りこむことによって、視覚的に部屋を広く見せることができます。
【参考商品:La Luz/ボックスミラー ワイド ホワイトアッシュ】

ご自宅に無造作に置いている鏡はありませんか?鏡は自分の姿を映すためだけのものではありません。その1として、鏡を使った視覚的効果で、お部屋を広く見せるテクニックをご紹介します。

鏡は大きい方が効果的ですが、右の写真のようなサイズでも、十分、効果はあります。

鏡の前に、観葉植物を置いたり、花やオブジェを飾ってみましょう。鏡の中に、モノや空間が映りこむことによって、視覚的に新しい空間が生まれます。見る角度によって、鏡に映る空間も変わります。まずは、お手持ちの鏡の置き方を工夫してみませんか?

【参考商品】
・All Aboutスタイルストア(ミラー)
・La Luz/ボックスミラー
・cosine/TANAミラー

その2:1時間で完成!ボーダー壁紙で奥行きを広く見せる

横方向に伸びる線は、広さや奥行きを、視覚的に広く感じさせる効果があります。ボーダー壁紙を活用してみてはいかがでしょうか?
横方向に伸びる線は、広さや奥行きを、視覚的に広く感じさせる効果があります。ボーダー壁紙を活用してみてはいかがでしょうか?

高さを強調するには、縦に伸びる線が効果的でした。同じように、横に伸びる線の視覚的効果を活用すると、広さや奥行きの印象を変化させることができます。

お手軽なリフォームの方法として、ボーダー壁紙を、着物の帯のように、お部屋の天井下や腰部分にアクセントとして使ってみてはいかがでしょうか?お部屋だけでなく、廊下などにも応用できるテクニックです。

【取材協力】
リフォームのお手伝い・壁紙屋本舗
トリム・ボーダー壁紙は、1本1,500円くらいから。
トリムボーダーの貼り方が、詳しく紹介されています。ご参考に!

>>次のページでは、カーテンで天井を高く見せるテクニックとリビングを屋外に広げるテクニックをご紹介します!