色にちなんだタイトルの恋愛映画&小説をご紹介します。色が象徴するラブストーリーとは…。

誰かのことを考えながら一人でじっくり見ますか?それともお相手と一緒に?

画像をクリックすると、詳しい解説ページにジャンプします。また、DVDや書籍の購入ページや関連サイトにもリンクを張りました。

( 2/25:情報追加!)


[緑の館]
(GREEN MANSIONS)

オードリー・ヘップバーンが
緑の館に住む妖精を
可憐に演じる。


>>詳しい解説を読む



[ラベンダー]

ラベンダーの色と香り。
天使(金城武)と
人間(ケリー・チャン)の
切ないラブコメディ 。

>>詳しい解説を読む



[藍色夏恋]
(BLUE GATE CROSSING)

青い門への第一歩は
ある夏の初恋から。
相手は親友の好きな人だった


>>詳しい解説を読む



[トリコロール]
(青の愛 BLUE


トリコロール三部作の
第一作目は青。
愛からの自由を描く


>>詳しい解説を読む


[トリコロール]
(白の愛 BLANC)


トリコロール三部作の
続編は白。
愛の平等を問う


>>詳しい解説を読む


[トリコロール]
(赤の愛 ROUGE)


トリコロール三部作の
最後は赤。
博愛が心を救う。

>>詳しい解説を読む