つかいこなして便利! ソウルの交通手段

ソウル観光の交通手段として、地下鉄、バス、タクシーの3種類があります。それぞれのメリットや利用の仕方を知っておけば、より早くスムーズに移動できますね。では、旅に出る前にソウルの交通手段、チェックしてみましょう!

ソウルの地下鉄(初心者~中級者向き)

地下鉄は早く移動できて、料金も安いのが魅力!

地下鉄は早く移動できて、料金も安いのが魅力!

地下鉄がとても発達しているソウル。現在9つの路線とソウル市を囲むようにある京義道にまたがって走る盆唐線、京義線、中央線、仁川を中心に走る仁川1号線、金浦空港から仁川国際空港間を走る空港鉄道があります。主要観光地のほとんどが、地下鉄沿線にあるので、ソウルを初めて訪れる旅行者でもアクセスはとっても簡単。乗り方さえマスターすればどこでも行けてしまいす。

駅の入り口やプラットフォームなどは、路線別に赤や青色などでラインが引かれているほか、各駅には駅番号の表示があります。駅名はハングル、英語、漢字の併記なので、言葉が分からなくてもすぐに乗りこなせるようになるはず!

各駅の改札には、無料の地下鉄路線地図が置かれているので、1枚もらっておくとルートを決めるのに便利ですよ。では、地下鉄の乗り方を見てみましょう。

 
 
<地下鉄の乗り方>
1 地下鉄の入口には、電車の絵が描かれた標示があり、駅名と路線を示すカラーの上に駅番号が書かれています。駅の多くが地下へ続く階段があります。路線と駅名を確認したら、地下鉄へ入ります。

自動発券機は日本語表記もあるので安心

自動発券機は日本語表記もあるので安心

2 切符は駅構内にある自動発券機で購入します。

 
パネルの案内に従ってタッチするだけ

パネルの案内に従ってタッチするだけ

日本語を選択し、オレンジ色で「1回用」と書かれたボタンをタッチします。

 
漢字表記ではないのでご注意を!

漢字表記ではないのでご注意を!

3 画面に駅名が表示されるので、目的の駅名をタッチします。駅名は英語で表示されるので、あらかじめ目的地の英語表記を確認しておくと便利です。

 
一度に複数人分の切符が買えます

一度に複数人分の切符が買えます

4 希望枚数を選択してタッチすると、必要金額が表示されます。金額には500ウォンの保証金が含まれています。

 
カードを返還すれば保証金が戻ってきます。失くさないよう注意!

カードを返還すれば保証金が戻ってきます。失くさないよう注意!

5紙幣またはコインを投入すると 1回用交通カードが発券されます。

 
6 改札口にカードを読み取る機械が設置されているので、カードを当てて通ります。
※迷ったり困ったりしたら、近くにいる駅員に尋ねましょう。親切に教えてくれるのでご安心を。

保証金換金機は、切符やT-moneyの発券機とはまた別です

保証金換金機は、切符やT-moneyの発券機とはまた別です

※1回用交通カードの代金には、保証金500ウォンが含まれています。目的地で下車したら、駅の改札を抜ける前に、保証金換金機で保証金を受け取りましょう。保証金換金機の投入口に1回用交通カードを投入すると、500ウォンが戻ってきます。

 
交通カード
絵柄もさまざま。コンビニや駅の売店などでは、ストラップタイプのT-moneyも販売されています。

絵柄もさまざま。コンビニや駅の売店などでは、ストラップタイプのT-moneyも販売されています

1回乗り切りの切符の他に、ソウル市内の地下鉄やバスで利用できる交通カード「T-money」があります。これは、JR東日本の「スイカ(SUICA)」とよく似たもので、チャージ可能なカード式の乗車券。使い方は、乗車の際にカードリーダーにカードを当てるだけ。また、乗り換える時に、地下鉄・バスに関係なく、乗車総距離で金額を自動清算できるのでとても便利です。

ソウル滞在中、移動するたびに地下鉄を利用する予定のある人にオススメ。地下鉄窓口やコンビニなどで1枚3,000ウォン~で販売されており、必要金額分だけチャージすることができます。使い切れなかった残額は、コンビニなどで返金してもらえます (一部残額返金に応対していないコンビニもあります)。タクシーを中心に移動する人や、どれだけ地下鉄を利用するか分からない人は、1回乗り切りの切符で十分です。