ソウルのバス(上級者向け)

   バス路線はソウル市内を網の目のように張り巡らされています。バス番号を頼りに乗車して!

バス路線はソウル市内を網の目のように張り巡らされています。バス番号を頼りに乗車して!

バスはソウル市内にとても多くの路線があり、地下鉄でカバーしきれないエリアまで網羅しているので、乗りこなせればとっても便利。ただ、路線が複雑なうえ、アナウンスは韓国語しかないため、言葉も地理も慣れない観光客にとっては難易度の高い交通手段。間違い乗車や路線探しで時間を費やしてしまうなら、地下鉄やタクシーを利用することをオススメします。

 

バスはその種類によって色別されています。

バスはその種類によって色別されています

バスは走る路線の種類によって色分けされており、主に幹線(ブルー)、支線(グリーン)、広域(レッド)、循環(イエロー)バスなどがあります。どこまで乗車しても料金は一律で、広域バスが1,800ウォン、幹線、支線バスが1,000ウォン、循環バスは800ウォン。どのバスもフロントガラス上方にバス番号が表記されています。支払いは現金のほか、T-moneyも可能。T-moneyは乗車時と下車時にカードリーダーに当ててください。

 

<バスの乗り方>
  1. バス停で各バスの路線図を見ながら目的の下車駅を探し、バス番号を確認。
  2. バスが来たら、運転手の横にある料金ボックスにお金を入れて乗車します。なるべくコインか1,000ウォン札を用意しておくとスムーズに乗車できます。
  3. 車内アナウンスでは、次に停車する駅と、さらにその次に停車する駅まで一度にアナウンスが流れるので間違えて下車しないよう、注意が必要です。停留所到着のアナウンスが流れたらブザーを押して下車を知らせます。
  4. 後方のドアから下車します。

市内バスでも、かなりスピードを出して走行するため、立ち上がる時や乗下車時にはポールにつかまるなど注意してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。