MRFで投資スタンバイ

ネット対応の証券総合口座を開いておけば、オンライン上でクリック一つで資金移動が可能です。

ネット対応の証券総合口座を開いておけば、オンライン上でクリック一つで資金移動が可能です。

MRFは、証券総合口座専用につくられたファンドです。株式や投資信託を購入する際、証券会社の総合口座に入金したお金は、多くの場合、自動的にMRFで運用されることになっています。商品を購入するときはMRFが解約されて購入資金に充てられ、売却したときはまたMRFに入金されるというように、資金のプール先として活用されているのです。

MRFの特徴は?

MRFとは、マネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)の略で、公社債投資信託の一種。公社債の中でもごく短期の公社債や短期金融商品に投資し、安全性重視で運用されているのが特徴です。1円単位でいつでも自由に預入、換金でき、売買コストもかかりません。MRFでは毎日決算がおこなわれ、日々収益が計算されます。毎月月末に1か月分の分配金が自動的に再投資され、運用資産の中に組み込まれるしくみになっています。

そもそもMRFの「マネー・リザーブ」は日本語で「お金を(何かの為に)とっておく」という意味。銀行でいうならば、いつでも使える資金を置いておく普通預金に近い商品です。 もちろん、預金のように元本保証はありません。しかし、組入銘柄について「平均残存期間は90日を超えないこと」など厳しいルールが設けられており、これまでに元本割れを起こしたことはありません。

安全性、流動性が高い分、利回りは低め。直近7日間平均利回りが表示されていますが、運用会社ごとに異なり、常に変動します。注意すべき点は、あくまで利回りは過去の運用実績であって、今後の見込みや運用実績を保証するものでないということ。確定している定期預金の利息とは違うという認識が必要です。

>>次のページで、MRFと普通預金、MMFの成績を比較してみましょう。