100ます計算って、どんな学習法?

タイムを計りながら取り組む100ます計算
タイムを計りながら取り組む100ます計算
右のような縦横10個ずつの数字が交わるマスに、足し算・引き算・かけ算いずれかの指示に従って解答をしていくメソッドを100ます計算(※)といいます。 100ます計算で基礎的な計算を繰り返し行い、短時間で正確に計算できるようになると、難易度の高い問題でもミスを減らすことができます。

最後のマスに答えを書き終わるまでのタイムを計り、日付とタイムを記録しておくことで、 どのくらい計算スピードがアップしたのか、子供自身も実感することができる仕組みです。

また、一度に取り組む時間が数分で済み、登校前の時間などを使って家庭学習に取り入れやすいのも人気の理由として挙げられます。 「やってみようか」と思いついたその日から、気軽に取り組めるメソッドです。
※100マス計算、百ます計算、百マス計算とも

100ます計算に取り組む際の注意点は?

焦らず少しずつ毎日の積み重ねが大切
焦らず少しずつ毎日の積み重ねが大切
飽きずに取り組める環境作りを
本人の気分が乗らず、集中力のないままやらせても意味がありません。 タイムを計っていくことはもちろん、25マスや36マスといったマス数の少ないものから取り組ませてみる、シール表を取り入れる、家族や兄弟で競争するなど、 お子さんの年齢や性格に合わせた工夫が必要になります。

採点が面倒・時間がかかる
埋めた100マスが正解かどうか、1マスずつチェックする採点が必要になります。 親子で採点していくなり、保護者の方が1つ1つチェックしていくなり、それなりの時間がかかることは覚悟しておきましょう。

100ます計算をやっていれば算数は安心!の誤解
100ます計算では自分で考える力が育たないといった意見を耳にします。これは「100ます計算だけやっていれば算数力がつく」という誤解から生まれた意見ではないでしょうか。 日々の100ます計算への取り組みは、算数学習のステップになるのだと捉えておきたいものですね。

タイムにこだわるあまり、書きなぐった読めないような数字を書くお子さんもいます。 ご家庭での様子をみて、保護者の方からアドバイスしてあげてください。

無料で何度でも!100ます計算サイト・ソフトを活用しよう

今回ご紹介するのは、キーボードを使って入力するゲーム感覚のサイトや、プリントアウトして手書きで取り組める問題作成フリー(無料)ソフトなど、 パソコンを使ってできる100ます計算です。

パソコン上でできる100ます計算のメリットは、タイム自動計測・採点不要(自動で採点してくれる)という点。 キーボード(テンキー)操作ができるお子さんに向いている学習方法です。操作に慣れていないお子さんは、キーボード操作を先に習得するか、印刷するプリントタイプの100ます計算をオススメします。
また、プリントアウトできる100ます計算ソフトのメリットは、問題をランダムに変更できるので長く使えるという点。 デメリットは、上記でもご説明したように採点が面倒な点でしょう。

メリット・デメリットを踏まえた上で、ご家庭に取り入れやすいサイト・ソフトを選んでみてくださいね。

それでは、インターネット上でできる100ます計算のサイトからご紹介しましょう >>

●記事INDEX
1page:100ます計算ってなに?注意点は?
2page:インターネット上で挑戦!100ます計算サイト
3page:無料ダウンロード!100ます計算フリーソフト
●100ます計算が収録されている市販のPCソフト
計算100連打
ドラネット小学一年生
ドラネット小学二年生
ドラネット小学三年生
ケンチャコ大冒険小学1年生 2005
ケンチャコ大冒険小学2年生 2005

●100ます計算関連のAll About記事
継続は力なり - All About 子供の受験(幼・小・中)
計算間違いをなくす、すごい方法 - All About 子供の受験(幼・小・中)
算数と国語の力が大幅アップ! - All About 幼児教育
この夏、陰山メソッドにトライ! - All About 子育て事情