金子:ひらけごまくらぶの制作で苦労した部分を教えてください。

松原社長: ネットワーク上で学習するということで、 いつでも・誰でも・どこでも学習できる環境を整えて、 学習成績と履歴を管理できるシステムを提供するということはもちろん、 子供が自分から進んで、親からの強制なしに「また明日もスイッチを入れたい!」と 思えるかどうか、そこが最大のポイントになるんですよね。
行き着いたコンセプトが、ゲーム・テレビ・ともだちという、 子供が無視できない3つのキーワードです。
教育効果のある楽しい番組を作り、インターネットで学ぶドリルはゲーム性を持たせて アドベンチャーゲーム形式にしたりと、子供の視点でものを作ることを大切にしています。
おかげ様で、お子さんが1回始めるとなかなか止めてくれないという(笑)、 本当に楽しんで学んでくれているようです。


金子:子供がインターネットの世界に触れるということで、保護者の方はセキュリティ面に 敏感になるかと思いますが、注意されていることはありますか?

都志見:ひらけごまくらぶの会員専用ページにはパスワードなどセキュリティ認証をかけています。
サイト内から他のページへのリンクなどはなく、 メールも学習相談センターと会員しかつながらない形で、子供のネットセキュリティに配慮しています。


金子:CD-ROMだけの販売もスタートされるそうですが。

都志見:インターネットから入会を希望される方の中に 「ブロードバンド環境がないので出来ない・・」という声がございました。
CD-ROM教材は、自宅にブロードバンド環境がなくても使えますので、 ひらけごまくらぶの学習システムとは一旦切り離して、CD-ROMだけでもお使いいただければと。
のちのちブロードバンド環境が整いましたら、ぜひインターネットのほうも利用してほしいですね。


金子:英語教材について聞かせてください。

松原社長: 英語の教材は、クリック&リスニングという形を採用しているので、 クリックをして集中しているときに英語の音が流れる、耳に入ってきます。
耳に入る効果が高く、発音も非常にきれいになるという効果があります。