英語子育てに注目

英語子育ては楽しんでやりましょう。
英語子育ては楽しんでやりましょう。

3月の記事は英語子育てについて書きたいと思います。例えば、実際にバイリンガルに育てた“英語子育て”をまとめた本などをご紹介したり、英語教材セサミえいごワールドの内容紹介、英語子育てママたちのウェブ交流などを書きますね。

今から3年前、小学生(高学年100名)にアンケートを取ったことがあります。アンケートの自由記述欄に「英語を話したい。」という気持ちを書いた子どもたちが非常に多くいました。

つまり、親や先生が、“英語学習が子どもの重荷になっては本末転倒だから慣れ親しむ程度でいい”と思っていても、子どもたち自身は「英語を話したい!」と切に願っているのだと思ったことがあります。子どもたちに英語を指導する身の私は大きな責任を感じましたね。

実際にバイリンガルになった女性


親の海外赴任で現地小学校に通った経験のある日英バイリンガルの女性は、「最初は英語ばかりで何も分からず戸惑いも多くて、泣いてばかりの日々でしたが、今となっては、親に大感謝してます。自分があのような経験ができたこと、英語が話せるようになったことはとてもうれしい。」と話していました。現在は仕事で英語を活かす日々だそうです。

大人になって親に感謝することができる、っていいですね。親自身は感謝を望んでいるわけではありませんが、そういう気持ちをもってくれるだけでうれしいでしょう。

次のページでは、“日本でバイリンガルキッズは育てるのは難しい?”を乗り越えて、子どもをバイリンガルキッズに育てたママの育児本をご紹介します。

>>どうやって育てたの?>>