数年前は「ハロウィーン」表記がほとんどだった。


ハロウィーンを短縮してハロウィンになったのかも?
ハロウィーンを短縮してハロウィンになったのかも?

現在でもディズニーランドは「ハロウィーン」と書いていますし、ユニバーサルスタジオジャパンも表記は「ハロウィーン」です。一方、コンビニなどでは「ハロウィン」です。子どもたちが街で見かけるのは「ハロウィン」文字が圧倒的に多いので、いつのまにか、「ハ」にアクセントを付けて読んでしまっているのかもしれませんね。


英語教室でも小学校でもHalloweenで!


実は私も表記に悩んだ時期がありました。「ハロウィン」のほうが短くて書きやすいので、子供のための英語の記事でも、いくつかハロウィンを使っています。


しかし、子どもたちの「ハロウィン」という発音を聞いて、やっぱり「ハロウィーン」と表記するべきであると思いました。子どもの頃の発音は身体に染み込むものです。通じるアクセントでハロウィーンを楽しみましょう!


関連サイト:


All About ハロウィーン

「ハロウィーンって何?起源と内容をご紹介!」
「かぼちゃのオバケの由来 なぜカボチャのお化けなの?」
「ハロウィーンの怖い話 恐怖の英語教室」

「親子で作るかぼちゃのハロウィンクッキー」幼児教育
「ハロウィンのテーブルセットを作ろう」ハンドメイド
「ハロウィンぬりえを無料ダウンロードしよう!」子供のためのPC・ネット学習
画像写真フォトライブラリー



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。