(4)赤ちゃんのための英語情報誌
まだ何から始めようか迷っているママは他の人がどう取り組んでいるかを知りましょう。

最初から“完璧バイリンガルにしなきゃ!”という考えは捨てましょう。うまく英語子育てできている人たちはのんびり気楽に赤ちゃんと楽しんでいます。英語子育てでなくても、赤ちゃんを育てることは楽しい反面、大変な面も多いでしょう。そこに英語が入るわけですから、忙しい中にさらにプラスαの要素が加わることになります。まずは英語子育てを楽しんでいる方たちの様子を知ること。参考になります。

アルク発行の年刊誌、「よちよちえいご(¥780〈税込〉)」を参考になさるとよいでしょう。こちらの情報誌には現在英語子育てをがんばっている家族の紹介が20件以上載っています。どんな教材を使っているのかな?どんな風に家庭で取り組んでいるのかな?などの疑問はすべて解決できます。

とくに「うちのコえいご化計画」のページではおうち派とおそと派に自己診断できるチャートがあり、自分はどっちが向いているか判断できます。うれしいのはお金をかけずに子供をえいご化する方法を教えてくれているところ。

「子ども英語カタログ2005年度版(¥998〈税込〉)は0歳~12歳の英語教育全般を紹介しています。赤ちゃんからスタートして次の段階の英語教育を見通すことができます。3歳からの英語教育として、インターナショナルプリスクールに入学したい方、英語で保育するプリスクールに入学したい方には代表的なスクールの紹介記事がありますから参考になさってください。

どちらも教材などの情報が豊富です。たいていの赤ちゃん用英語教材が載っています。赤ちゃん、子供の英語教育の世界を知る第一歩としてご利用くださいね。

アルク社より、1冊ずつ読者プレゼントとしてご提供いただきました。プレゼントフォームからお申込みください。抽選で2名の方にプレゼントいたします。

プレゼントフォームへ
(よちよちえいご・子ども英語カタログ)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。