出産準備や出産祝いとして、必須アイテムの赤ちゃんの肌着。日本の「短着・長着」と呼ばれる肌着と、外国から入ってきたロンパース、何が違うのでしょうか? どちらが優れているのでしょう? わかりますか? そこで今回は、両方の肌着の解説とともに、オススメの肌着をご紹介します!

<CONTENTS>
1ページ目:日本の肌着とロンパースの違いは?
2ページ目:出産準備品・出産祝いにオススメロンパース

日本の肌着とロンパースの違いは?

出産準備・出産祝いに、ベビー子供服ガイドオススメロンパースプチボヌール!
ベビーコンビ長肌着
価格-3,045円(税込み)
サイズ-50~60cm
色-縁取り3色(きなり・茶・グリーン)
コチラで購入!
【画像提供:
メイド・イン・アース
出産準備品として必ず用意する、赤ちゃんの肌着。前をあわせる着物タイプの「短着・長着」と呼ばれるものと、ボタンやスナップで留める「ロンパース」があります。その違いを長所と短所でまとめてみました。

■着物タイプ肌着の長所
・前が合わさるため、温めたい腹部を守ってくれる
・おむつ替えが楽

■着物タイプ肌着の短所
・動くとはだけたり、留めている部分が取れやすい
・外出着として適さない

■ロンパースの長所
・動いても着崩れしない
・外出着としても活躍

■ロンパースの短所
・腹部も背中も1枚なので、体温調整の下手な新生児期の肌着としては適さない
・ボタンをとったり、おむつ替えがちょっと面倒

当サイトに何度もご登場いただいているカリスマ助産師の神谷先生に「どちらの肌着が優れているの?」と聞いたところ、

神谷先生:寝返りできたり、ハイハイ出来るようになれば赤ちゃんは体温調整が上手くなるのでロンパースでもいいですが、それまでは体温調整が下手で寝ていると背中に熱がこもります。お腹は冷やしてはいけないので、着せると自然にお腹部分は温かく、背中は涼しい着方になる日本の肌着のほうがいいでしょう。

とのこと。私はどちらかというとロンパースのほうが好みでした。お腹部分だけ冷やさない、おむつ替えの楽なロンパースあるといいな……とずっと探していたのですが、やっと見つけましたので次ページでご紹介します!

<DATA>
・商品名:ベビーコンビ長肌着
・サイズ:50~60cm
・色:縁取り3色(きなり・茶・グリーン)
・素材:純オーガニックコットン100%
・生産国:日本
・価格:3,045円(税込み)
・販売店:メイド・イン・アース

>>次ページは出産準備品・出産祝いにオススメロンパース!のご紹介>>