このお盆の前後子供服の大型専門店が相次いで倒産するというニュースがはいってきました。

店舗名「イズミ」の名前で関西のスーパー内を中心に23店舗あった(株)伊津美 子供・ベビー服小売が自己破産申立をしました。
また、「ピーターラブ」「ピーターママ」の店名で北陸を中心に京都、大阪、滋賀、新潟などに44店舗あったピーター商事(株)が民事再生手続を開始しました。

子供ベビー服業界には大きな衝撃が走っています。
昨年から子供服の専門店の廃業、倒産が特に目立つようになってきました。

なぜ、今子供服専門店のチェーンが苦しい状況になっているのでしょう。

原因は以下のことが考えられます。