子供服ベビー服の生産工程を中国で取材しました。
刺繍工程とプリント工程

中国上海周辺のとある子供服ベビー服製造工場の生産工程をご紹介する2回目は、刺繍工程とプリント工程です。

工場によっては、刺繍やプリントは専門の外部の工場に委託している場合もあります。
今回取材した工場は、内部で刺繍もプリントもおこなっています。


まずは、刺繍工程です。

刺繍は、「パンチカード」といわれる刺繍をするプログラムがはいったものを使って一気に何個も同時に刺繍をします。
つまり、機械が刺繍を自動的におこないます。
刺繍の機械は日本製が多く、機種もそんなにたくさんはありません。
この機械を使えば、セットさえきちんとすれば、1人で数多くの刺繍を仕上げることが可能です。
しかも仕上がりはきれいです。

刺繍のコストは一般的に、刺繍する針数が多ければ多いほど、また色数が多ければ多いほど高くなります。
特にベビー服は、刺繍を使った商品が多いので、刺繍コストが商品のコストに占める割合が多かったりする場合があります。



つぎはプリント工程です。