街中にカレンダーや手帳が並び始めました。もう一年が終わるのかと思うと、驚きですね。みなさんは一日一日を大切に、毎日を充実して過ごせましたか? 残すところあと2ヵ月、「来年こそは!」と思う目標はなんでしょう。今回は、高齢出産の女性や産後女性やワーキングママのためのおすすめ手帳術についてお伝えします。

来年こそは英語マスター!手帳

来年こそは英語マスター!手帳
来年こそは英語を!
いつもこの季節になって手帳を買ってつぶやく台詞「来年こそは!」。購入した英会話用のCDやオーディオブックを横目に「来年こそは英語を流暢に話せるように、思うがままにスラスラ書けるようになりたい」と思い描く人もいるのではないでしょうか。

そんな女性におすすめなのが経営コンサルタント神田昌典さんとアーティスト奥原しんこさんの「英語手帳」2009年度版。英語手帳であなたの人生を英語化しようというコンセプトのとおり、毎日のスケジュール表部分には1日1単語が覚えられるようになっています。

そして、それぞれの月の最後には英語で質問が書いてあり、英語で答えていくようなしくみ。それも人生や生活に直接関係する価値観を高めるような質問ばかりで、英語で自分を成長させていくことにつながるしくみに。

My English Organizerとある表紙カバーのイラストにはじまり、しんこさんのお洒落な都会的なイラストも楽しめます。毎月毎月、神田さんのコラムが見開きで読めて、元気になれちゃう幸せな手帳でもあります。なんと第1回今年12月分のコラムは「Future Me~未来の自分」というタイトルで、神田さんが私のことについて書いてくださっています。BSの番組「はたらくげんき」で取材をしてくださった時に会話したベビーマッサージのことが書いてあるのです。

赤ちゃんをこれから産もうと思っている、毎月深く自分を見つめたい、だけど英語を上達したいという人にはベストな手帳かも。

育児日記がわりにフランスで人気?

クオバディス育児手帳メモリエ

クオバディス/Memoriae(メモリエ)アンファンは妊娠日記、育児日記に最適
クオバディス育児手帳メモリエの手帳は、フランスをはじめヨーロッパの女性たちが使う手帳として人気。ビジネスパーソン向け、趣味とお稽古のことを書きたい人向け、赤ちゃんがいる人向けと表紙と中身のイラストのアイコンの種類が豊富! 表紙もカラフルでベビーを持つ女性用はパステルブルー。表紙がしっかりしていて持ち運びタイプよりは家で育児日記にするタイプ。母子手帳サイズなので妊娠日記、育児日記に最適です。

いつか子どもが大きくなって読み返すのが楽しくなるような手帳。子どもって必ず母子手帳に書いてある育児メモを見て大喜びします。「はじめての離乳食。おかゆを口に運ぶと、真剣な顔してモグモグ。可愛かった!」とたっぷり育児日記的に毎日を記録するのが楽しくなりますね。