出産準備とマネープラン

画像の代替テキスト
夫婦でお金について考えてみませんか?

妊娠・出産に必要なお金と同時に、この先どんなお金をキープしていけばよいのかわからないし知りたい。妊娠は我が家の家計を見直すチャンスです。

前々回、妊娠・出産にかかるお金についてご紹介しました。なるほど、出産にはこんな出費があるのかということがわかっていただけたと思います。では、まず一時的な出費ともいえる妊娠・出産費用ですが、どのように用意しますか?家庭によって様々だと思いますが、妊娠して、子どもが生まれるということは、今後は、育てていくための費用が必ずかかるということです。

そこで、いくらくらいかかるのだろうと思ってみても第三者とお金の話をすることってあまりないですよね。漠然と不安をもってやみくもに恐れるのではなく、ここはひとついい機会なので、夫婦でお金について考えてみませんか?今回は、ご自身も昨年長男をご出産されたAll about「家計管理」ガイド、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんにお話を伺いました。

「出産準備とマネープラン」・「産後のマネープラン」・「子どものための保険について」と3回にわたって妊娠・出産を機にお金について二人で話し合うことをおすすめしていきたいと思います。第1回は「出産準備とマネープラン」です。


夫婦のお財布どうなってる?

山口:
今、夫婦でどのくらいお金を持っているか知ってますか?

大葉:
え? そう言われてみるとはっきりとわからないかも。「○○円です」って、すぐに言えないといけませんね。

山口:
家計のお金は二人で合わせるけど、それぞれの分はそれぞれと財布を別々にしている共働きのカップルは意外と多いんです。特に若い方には、相手がリボや、分割払いをしていることを知らないという人もいます。これから○○家としての財布をどんどん大きくしなければいけないのに、別々にしていると同じところに投資をして同じリスクを背負ってしまっている場合があり、それは非常にもったいないことです。

お互いが財布を握っているので、自分の資産をあかさないですよね。夫は持ってるらしい、妻も持ってるらしい、けれど実際相手がどんな金融商品をいくら持っているのか、貯金の残高がどれくらいあるのか知らないということはありませんか?

それぞれにマネープランを持っていたとしても、相手がお金のどんなことに興味があってどんな考えをもっているのかは口に出さないとわかりません。自分たちで産み場所を選ぶように、ファミリーとしてお金の貯め方を自分たちで選ぶ感覚が必要なんです。妻の妊娠は、それを話し合う良い機会なんですね。子どもが生まれたら、しばらくは育児に忙しくなります。ぜひ、妊娠中に時間を作ってお金のこと話してみてください。早くスタートさせたカップルがあとでニッコリ笑えますよ。


>> 妊娠したら、まずチェックすることは?