47%が共働き時代の妊娠観って?

女性にとって具体的に何が不安で、どんなことをしてほしいかを理解することが大切
女性にとって妊娠は、人生の大きな転機。心も身体も大変革を迎えます。共働きを望む女性にとっては、産後の仕事と育児の両立への不安は、男性の予想を遥かに越えた深刻なものかもしれません。

よく女性は30代が近づくと、「このまま仕事か出産か?」と周囲からも焦らせるような質問がされがち。現在日本での平均初産年齢は28.9歳で、「30歳までに子どもを持て」と言うのは、すべての男性に「30歳で起業して社長になれ」というくらいのプレッシャーでしょう。47%が共働きという現代日本で、女性が子どもを宿すにはタイムリミットはあるにせよ、「社会人としての自分に自信が出てから」という働く女性の気持ちは、大人としての子どもへのマナーなのです。「もっと自由にしていたい」というチッポケな先延ばしではなく、上手に子どもを愛するためのレッスンなのかもしれません。

では、具体的にどんなことが不安で、どんなことを夫にわかって欲しいのでしょうか。筆者の開講する妊娠前のクラス・マタニティクラス・産後のクラスで、過去約1000人の参加者から得たアンケート調査で出た「妊娠前の不安と欲しいサポートベスト3」は、以下の通り。
  1. 経済不安、仕事が再開できるかという不安。子育てしながら働ける就労環境を、夫も味方になって一緒につくって欲しい。
  2. 夫の育児の協力。仕事と両立するとしても、精神的な支えとなって欲しい。
  3. 産後の、夫との愛情の変化が不安。子どものお母さんとしてしか扱われなくなるのが不安。いつまでも、ひとりの女性として愛されたい。
以下で、1つずつ見ていきましょう。

仕事を失う不安を知って欲しい

現代は、女性も男性も同じ学歴を持てる国になった日本。しかし、終身雇用制度はなくなりつつあり、なんでも実力主義。仕事を持つ女性は、仕事を失う不安を感じています。仕事を失うということは、経済力を失うこと、つまり人生行動資金がなくなるということ。幸福な大人として、子どもを育てていきたいからこそ、子どもを幸せにする資金も稼げるようになりたいのは愛情です。妊娠出産していくことを先延ばしに先延ばしにしているのは、幸福のため。そして、きちんと経済的基盤をつくりたい、自信を持てるまで働きたいという思いがあるからです。

60%の女性が妊娠を理由に退職

妊娠出産と仕事の両立は、徐々にしやすくなってきているのは事実です。産休育休制度を充実させている企業も少なくありません。しかし、ひとたび妊娠すると、まだ60%の女性が妊娠を理由に退職しているのが現状。「寿退社」ならまだしも、「つわりが重症」「産後の育児と現状の仕事がハード」で、両立の可能性は限りなく少ないですね……。

働き続けたくても、肩身の狭さに耐えられずストレス退職する先輩の姿も、数多く見てきているかもしれません。産後も仕事を続けたい女性は「ここには戻れないかもしれない」という職場状況の切なさで妊娠を迎えます。その切なさを、夫にわかってほしい!「僕の稼ぎで養うよ」という声も聞こえてきそうですが、超高齢化社会は労働人口として20代~40代女性の就業率を高める政策が組まれます。国は、女性に働いて欲しいのです。

パートナーの男性はぜひ、妊娠前から、彼女の身近な環境整備から応援してあげてください。まずはメンタルサポートから。子育てしながら働きやすい企業のマネジメント例などをリサーチして教えてあげたり、ひとりの人として、仕事を続けたい彼女の未来も応援してあげてください。

日本の女性は世界44位の豊かさ!

国連開発計画の「人間開発報告書」では、日本の人間開発指数(長寿・知識・人間らしい生活水準をはかった指数)は、世界の中で11位です。さらに、日本の「ジェンダーエンパワメント指数」(女性が社会的、政治的、経済的にどれくらい力を持っているかをはかった指数)は、なんと44位!ちなみに43位がメキシコ、42位がウルグアイです。豊かな先進国の中では、著しく低い数値に留まっているのが、世界の中の日本です。

この視点から、自分のパートナーの未来を応援すること、共働きの女性を支援することは、国を応援することそのもの。妊娠前から、女性の心身に対して深い理解をぜひ示してあげてください。
<関連記事>
お産のメンタルケア(1) 産後3ケ月間はうつ病の危険期(出産医療・産院選びサイト)
産後の性(2) 疲れている母親たち(出産医療・産院選びサイト)
夫婦の恋愛力学!妻の妊娠・出産 妻が妊娠・出産するときの心構え(離婚サイト)

<関連リンク>
国連開発計画(PDF)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。