全国の調査で14人の例が浮かび上がる

渡部医師は、この問題に関心を寄せる他の医師と共に、新生児医療連絡会を通じて全国のNICUにアンケートを実施しました。するとカンガルーケアの最中に急変した赤ちゃんが14人報告され、全国12か所のNICUに収容されていました。このうち2例は亡くなり、植物状態になった赤ちゃんは7例ありました。医療訴訟など医療側が責任を問われた例も、和解も含めると4例ありました。

カンガルーケアをやめる病産院が続出

そうこうするうちに、倉敷中央病院にはなんと3例目の赤ちゃんが運ばれてきました。「もう、これはどうにかしなければ」と渡部医師はアンケート結果を学会で発表。それがNHKのニュースで報じられ、この問題が広く知られるところとなりました。

反響は小さくはありませんでした。「カンガルーケアは危険」という認識を持つ人がたくさん出て、中止する出産施設も出てきました。

広がる不安の中で

渡部医師は言います。「私も、『先生の病院ではもうカンガルーケアはやめたでしょう』と言われるようになりました。でも、私は、ただ『気をつけたいことがある』と言っているだけです。「私にとってカンガルーケアは、科学的な裏付けもある確かなもの。だから私の病院では今でも以前と変わらず皆さんにカンガルーケアをすすめています。」

>>いま必要なことはカンガルーケアの中止ではありません。安心なカンガルーケアに向けた試みとは?>>