超音波検査にも二次検査(精密検査)のようなものがある

医師が少し時間をとってじっくり見ていくと、脳、心臓、消化器、腎臓、膀胱などさまざまな器官の問題もわかります。超音波検査の特別なトレーニングを積んだ医師あるいは検査技師が見れば、なおよくわかります。

妊婦健診の検査や問診などで必要性があると思われた場合は、そうした、より詳しい超音波検査をすすめられるかもしれません。健康診断の二次検査(精密検査)だと考えればいいでしょう。

絶対に確実な検査とは言えない

超音波検査は形に大きく表れる問題は確実性が高まりますが、そうではない問題の場合は間違うこともあります。画像による診断は、身体に負担がないのが長所ですが、はっきりしたことは生まれてみなければわかりません。ただ染色体異常については、羊水検査をするとほぼ確実にわかります。

■関連ページ
羊水検査の基礎知識
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。