効くかもしれないことは、何でもやってみたい!

逆子は自然に治ることが多く、厳密に言えば、体操が効くという科学的なデータはありません。でも、やっぱり、逆子になったら心配なもの。効くかもしれないものは、何でも試したいですよね。

逆子治し体操のポーズはいくつかあり、出産施設によって違いがあります。四つんばいのように下を向くタイプ、仰向けで腰を上げるタイプ、逆立ち等々です。ただ、いずれもきついポーズだという声が高いので、ここでは割と楽に出来るポーズをご紹介しましょう。教えてくれたのは、神奈川県藤沢市で助産院を営む井本園江さん(井本助産院院長)です。

椅子とクッションを準備してください

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/8/8/7/1/2/sakago1.jpg
こんな物を使うと楽に逆子体操ができます。
準備するものは、次のとおり。

●椅子かソファ
仰向けに寝て、ここに足を乗せます。
●クッション
これがあれば、ポーズを長時間保つのがぐんと楽になります。


長時間ゆったりとポーズを続けましょう

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/8/8/7/1/2/sakago2.jpg
クッションの調節で苦しくない程度に腰を上げます。
クッションを敷いた上に仰向けに寝て、椅子などに膝から下を載せます。

そのまま1~2時間過ごします。長い時間このポーズを保つコツは、テレビの2時間ドラマや映画のDVDを見て過ごすことです。他の逆子直しの体操に較べて楽なので、ゆったりしてください。

終わったら横向きに寝てしまいます

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/8/8/7/1/2/sakago3.jpg
リラックスしているうちに赤ちゃんが回りますように。
ポーズを終えたら、ごろんと横になりましょう。そのとき、あおむけにはならず、赤ちゃんの足が蹴っている方を保下にして横向きに寝ます。その方が赤ちゃんが回りやすいからです。

眠くなったら、そのまま眠ってしまってかまいません。



>>「逆子です」と言われたらどうなるの?
医師がお腹の上から赤ちゃんを回す「外回転術」、逆子が直らなかったときの出産方法についてはこちらから。

illustration:平井さくら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。