倖田來未さんの羊水発言が問題になり、謝罪会見がありました。高齢出産の方の中には、なんとなくつらいイメージが残ってしまった方もいると思いますので、ちょっとイメージをリフレッシュしましょう。

羊水は年齢に関係なく透明です

baby4.jpg
羊水は3時間で入れかわる循環式。年齢に関わりなくいつもきれいで、あたたかくて、外部の衝撃から赤ちゃんを守っています。
たくさんの妊婦さんのホンモノの羊水をたくさん見てきた湘南鎌倉総合病院産婦人科部長・井上裕美先生によると、羊水はきれいな透明です。
「年齢に関係なく、羊水は透明です。非常に薄く黄色がかっていることがありますが、ほとんど透明ですね」

羊水は、赤ちゃんが作ります


そもそも羊水とはなんでしょう?羊水ははじめはお母さんの身体が作りますが、だんだん赤ちゃんが作るようになり、中期以降はほとんどが赤ちゃんの作ったものとなります。赤ちゃんが羊水を飲み、ちゃんと消化器で吸収し、尿として排泄したものがまた羊水になるのです。

ですから産婦人科では、羊水とは、「お母さんの状態」より、むしろ「赤ちゃんの状態」を表すものとしてとらえています。羊水は、赤ちゃんの元気度を知る指標のひとつです。

>>その羊水が汚れることがあります。 どんな時でしょう?>>