葛飾赤十字産院の竹内正人先生に聞いてきました!子宮のすべてがわかるシリーズです。「妊娠が始まる時の子宮」から臨月にはどのような変化が起こっているでしょうか。

子宮は臨月までにどれくらい大きくなるの?

普段は50gくらいの子宮ですが、臨月のころには1kgほどになりますから、実に20倍になります。容積は(7cmくらいの子宮が、36cmくらいになるので、)なんと100倍以上にもなるのです。

子宮の中って暗い?赤ちゃんは、朝がわかる?

暗いですね。赤ちゃんは、朝も夜も、同じように暗い世界にいるわけです。

お産が近づいたら、子宮はどう変わる?

子宮口がやわらかくなり、陣痛が始まる前に、1~2cm開く人もいます。「ブラックストン・ヒックス収縮」と呼ばれる強い張りが起きるようになるのも特徴。これは、本番の収縮の備えての筋トレみたいなものです。

子宮が収縮するのはなぜ?

オキシトシンというホルモンが出て、子宮の細胞にその信号を受けとめるレセプターができていると、陣痛が開始します。そのレセプターがないと、たとえば陣痛促進剤のようなものを使っても、うまくいきません。

子宮は、ちょうどいい時期に収縮の準備を整えるようです。そのメカニズムにはいくつもの条件が複雑に関係していて、未知の部分がまだたくさんあります。

陣痛って子宮にとっては大変な重労働ですよね

人間の身体で、他に、あんなすごい力で縮むものはないですね。なにしろ、中にあるものをすべて押し出してしまうのですから。それはすごい力です。

お産が長引いて、子宮筋がバテることはないかしら?

子宮を作っている平滑筋という筋肉は持久力があるし、それで心臓も一生動いています。ただ、さすがに、陣痛は運動量が違います。疲れて、微弱陣痛になる人はいます。中には、眠ってしまう人もいるし。

でも、それで一度休憩すると、再びフル充電になります。元気になって、強い陣痛が来るようになるのが普通です。

>>産後の子宮はどんな様子?

■監修・竹内正人先生(東京・葛飾赤十字産院 産科第二部長)
マタニティ誌やNHK教育「すくすく子育て」でご存じの方が多いかもしれません。毎日たくさんのお産や手術をこなす中、説明と笑顔を忘れないフレンドリーなドクターです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。