子宮筋腫


筋腫はできている位置や大きさによって妊娠に対する影響が違いますが、子宮の内にあるものやそれに近い状態のものは心配です。また、妊娠中に筋腫が溶けて(変性といいます)炎症が起きることがあり、その時に陣痛を起こす物質ができるのです。このとき、炎症や子宮収縮をおさえる薬を使えば、流産を防ぐことが出来ます。

感染


風邪などは心配ありませんが、母親の感染が流産を起こすことがあります。サイトメガロウイルスやトキソプラズマは、赤ちゃんに影響を与えます。また、若い人の間で増えて問題になっているクラミジアは、子宮口に感染してしまうと炎症が起きます。炎症は陣痛や破水を起こすので、流産につながります。子宮口の消毒、抗生物質と子宮収縮抑制剤の投与を素早く行うことができれば、流産を回避できます。淋疾や、あるいは大腸菌のような一般的な菌でもこういうことが起き得るので、妊娠中は清潔が大事です。

無理なスポーツ

スポーツをしただけで流産することはまずないはずですが、膣炎などの感染を経験したことがある場合は医師に相談しましょう。

自覚症状「お腹の張り」「出血」があったら!


流産は、お腹の張りや出血が自覚症状です。もしもこういう症状をキャッチしたら、夜中でも産院へ連絡しましょう。医師は、赤ちゃんを助けられるかもしれませんが、本人が連絡してくれない限り何ひとつできないのです。

■続きの記事を読む
流産―発覚から手術まで



■関連記事集
流産・早産

東京大学医学部附属病院女性診療科「習慣流産外来」のホームページ
習慣外来ホームページ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。