妊婦健診で体重計に乗るのがいや、と思っている人は少なくありません。自然にしていれば食が進む時期ですが、健診が近づくと食事を抜いたり、ついには健診をさぼってしまう人もいるくらい。それでは、何のための健診なのかわからないですね。

体重が増えすぎると難産になる、赤ちゃんが育ちすぎる、妊娠中毒症が出る、などいろいろな困ったことが起きると言われていますが、どれくらいから危険域なのでしょうか?その見極めは専門家の中でも意見が分かれています。

●赤ちゃんや必要な蓄えで、7kgくらいは増える
そもそも妊娠中、母体の中で新たにできるものの重さは、これくらいです。

・赤ちゃん 3kg
・胎盤   500~700g
・羊水   800~900g
・循環血液量 1~1.5kg

これに加えて、子宮と乳房が大きくなる分も要ります。陣痛のエネルギー源として脂肪の蓄えも必要です。なにしろ陣痛で消費するエネルギーはフルマラソン完走と同じらしいです。これらを全部合わせると、大体7kgくらいになります。

このことから考えてか、日本では「7~8kg増からせいぜい10kgくらいまでをめやすに」という産院が多いようです。

>>自分の肥満度(BMI)を計算してみよう>>