母乳をとりまく国際事情でお伝えしたようにWHOとユニセフとユニセフは母乳の世界的キャンペーンをしていますが、その中で最も成功しているのが、「赤ちゃんに優しい病院運動 Baby Friendly Hospital Initiative」です。これは、次の十カ条を満たした出産施設に「赤ちゃんに優しい病院(BFH)」の称号をあげるというものです。

母乳には「こうすると良い、悪い」といった話は山のようにありますが、誤ったこともたくさん含まれてきました。たとえば、出産直後に出る「初乳」は今では誰も否定する人がいない免疫物質のかたまりですが、昔は悪いものだと思われ、絞っては捨てていたのだそうです。この十カ条は世界中の思いこみを排した、母乳サイエンスの集積に基づいています。


母乳育児を成功させるための10ケ条(ユニセフ・WHOの共同声明)



※産院に対して出されたものです。

(1)母乳育児推進の方針を文章にして、すべての関係職員がいつでも確認できるようにしましょう。
(2)この方針を実施するうえで必要な知識と技術をすべての関係職員に指導しましょう。
(3)すべての妊婦さんに母乳で育てる利点とその方法を教えましょう。
(4)お母さんを助けて、分娩後30分以内に赤ちゃんに母乳をあげられるようにしましょう。
(5)母乳の飲ませかたをお母さんに実地に指導しましょう。また、もし赤ちゃんとお母さんが離れる場合にも、お母さんに母乳の分泌維持の方法を教えましょう。
(6) 医学的に必要でないかぎり、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう。
(7)お母さんと赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう。
(8)赤ちゃんが欲しがるときは、いつでもお母さんが母乳を飲ませてあげられるようにしましょう。
(9)母乳で育てている赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう。
(10) 母乳で育てるお母さんのために支援グループ作りを助け、お母さんが退院する時にそれらのグループを紹介しましょう。

>>次はこの10項目が不足している病院の 様子をご説明します>>