自動車保険に最初からセットされている搭乗者傷害保険ですが、人身傷害補償がついているのであまり必要性を感じないという人も。そこで搭乗者傷害のメリット、特徴をQ&A形式で解説します。

Q.搭乗者傷害保険を使う事故ってどんな事故?

自分自身、家族のケガを補償してくれる搭乗者傷害保険。事故で搭乗者傷害保険だけを使っても、等級に影響はありません

自分自身、家族のケガを補償してくれる搭乗者傷害保険。事故で搭乗者傷害保険だけを使っても、等級に影響はありません

A.相手のある事故のほか、単独事故も補償OK。また走行中でなくてもドアに指を挟んだケガも補償されます。

相手のある事故の場合、相手方の対人賠償などに関わらず保険金が支払われます。また誤って車のドアに指を挟んで大けが!……といった場合、一見事故とは呼べない気がしますが補償可能です。ただし保険会社によって、車に乗っていたか、降りていたかなどの状況によって支払いが変わる場合もあります。

なお、搭乗者傷害保険だけを使った場合、「ノーカウント事故」となり、翌年の等級に影響はありません。「保険料が高くなるから保険を使うのはやめよう」…という心配は無用です。

Q.保険金はどうすればもらえる?

A.ほかに保険を使ってない場合、自己申告で保険金を請求しましょう。

例えばドアに指を挟んでしまった場合や相手の過失が100%の事故の場合など、自分の保険を使っていなければ、契約者自身が搭乗者傷害の保険金請求をしなければ保険金が支払われない可能性もあります。まずは契約中の保険会社に連絡しましょう。

なお通常の相手がある事故では保険会社への連絡が必須なので、未払いになる可能性は少ないと思われますが、念のためご確認を。