お洒落で美味しいサムイ島のレストラン

サムイ島ポプットビーチ

海沿いにこのような雰囲気の良いレストランが建ち並んでいる

サムイ島の北部に位置するボプット・ビーチは知る人ぞ知る、お洒落で美味しいレストランが立ち並ぶグルメエリア。

ボプットの西側には「フィッシャーマン・ビレッジ」という、漁業が盛んだった時代の町の雰囲気を楽しめる場所があります。このエリアにはサムイに魅せられた西洋人たちが多く住み、レストランやカフェを経営している人が多いそう。店の多くは、当時の木造家屋を改造してつくられているので、エキゾチックなタイらしさも満喫できます。

ほとんどのレストランは、海沿いのオープンエアにテーブルが並べられているので、海を眺めながら食事ができます。

 

タイプ別に選べるサムイ島のホテル・ヴィラ

サムイ島

ヴィラには敷地内にこのようなプライベート・プールやサーラー(タイ式の休憩所)などがついている

サムイ島の中でも一番賑わっているのが、東側に位置するチャウエン・ビーチ。このビーチは島内で一番長い距離を持つビーチでもあります。そのビーチ沿いには、アジアンテイストな雰囲気を持つ高級バンガロー(ホテル)から、比較的経済的な中級バンガロー(ホテル)まで立ち並んでいます。

チャウエンの通り沿いには、買い物が楽しめる出店や、シーフードを扱うレストラン、音楽が鳴り響くバーなどが立ち並び、夜は12時過ぎまで、サムイの夜を楽しむ西洋人たちで賑わっています。昼はのんびりビーチで過ごして、夜は賑やかなところで楽しみたい、という人はこのチャウエン・ビーチ沿いに宿泊すると良いでしょう。

最近、サムイ島では静かなビーチ沿いに、ハイクラスなプライベート・ヴィラタイプの宿泊施設が増えてきています。ほとんどのヴィラはタイ様式の建物なっており、プライバシーがしっかりと守られた独立した造り。またヴィラ内にはプライベートプールが併設されているところも多く、誰にも邪魔されずに究極のリラックスタイムを手に入れることができます。

このタイプの宿泊施設は、チャウエンのようににぎやかな通りではなく、自然とビーチが独り占めできるような静かな場所に集中。ビーチリゾートの喧騒から離れて、静かに過ごしたい人にはオススメです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。