車両保険のタイプは年数に応じて変える

ある程度時間が経過すれば、モノの価値は下がるもの。車も同様です。補償と保険料のバランスを見直しましょう。
車両保険に加入した後、車両の経過年数によって毎年見直しをしていくと、コストと補償のバランスを取ることができます。目安は以下の通りです。

■新車時~3年程度「一般タイプ」
万全の補償で愛車をしっかりガードします。
■4~5年程度「エコノミータイプ(車対車+A)」
単独事故、当て逃げは補償なしですが、保険料を抑えつつも盗難などはカバーできます。
■5~7年程度「車対車」
エコノミータイプから盗難や自然災害の補償も外したタイプです。つまり車同士の事故で相手が確認できる場合に限定されます。しかし取扱の保険会社は少ないので確認が必要です。
■8年~「車両保険ナシ」
車両の減価償却に伴い、車両保険を外します。保険料は軽減されますが、車両への補償は受けられません。
なお、上記はあくまで一例です。保険のタイプ、経過年数による減価償却については保険会社にご相談ください。

最終判断は見積もりで!

現在の契約で車両保険を付帯していれば、更新案内にも「車両保険アリ」の保険料が送られてきます。「一般タイプからエコノミータイプ」、また「エコノミータイプから車両保険ナシ」とした場合の見積もりが無い場合、保険会社に電話してみましょう。「一般タイプからエコノミータイプに変更して計算して欲しい」とリクエストすれば即座に見積もりを出してもらえます。具体的な金額を確認して最終判断されてはいかがでしょうか。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。