Twitter上で話題になっているモノ・コトがわかるサービス

Twitter上では毎日、さまざまな情報がツイートされています。そんな多彩な情報を効率よく入手するサービスや、自分にとって有益な情報を発信しているユーザーを探すサービスがあります。

まず最初はTwitterで話題になっているサイトやキーワードをまとめて紹介するサービスや、Twitter上で行われたユーザー同士の議論をまとめて閲覧できるサービスです。


Twitter上での特定の話題のつぶやきが集められている「Togetter」

Togetter」は、Twitter上でのユーザー同志の会話をまとめて表示するサービスです。いまTwitterでどんな話題が注目されているのかがすぐにわかります。

Twitter上で行われているさまざまな会話をまとめて表示する「Togetter」

Twitter上で行われているさまざまな会話をまとめて表示する「Togetter」


ユーザーの多くがツイートしたURLやキーワードを順に並べるというのではなく、ユーザー同士がある特定の話題に対してさまざまな議論を重ねているものをまとめて表示します。しかもそれらを全てユーザー自身が作成、編集できるというのが大きな特徴で、多くのユーザーから人気を集めています。

Twitterアカウントがあれば誰でもコピー&ドラッグで簡単にまとめが作れます。また表示されているまとめをさらに編集し、新たなキーワードやツイートを追加することもできます。


Buzztter

Buzztter」は今、Twitter上で多く出現するワードを時系列で表示するサービスです。自動更新で次々とTLが流れていくので人気のワードが続々と変わっていく様子が楽しめます。

旬のキーワードを次々と表示するサービス「Buzztter」

旬のキーワードを次々と表示するサービス「Buzztter」


日本語のほかに英語版もあり、日本だけではなく今、世界でどんなワードが人気になっているのかも知ることができます。また複数ワードでの検索もでき、特定のワードでどんなツイートがあるのかを調べる検索サービスとしても利用できます。


Twitter上で話題になっているサイトが一目でわかる「Twib」

Twitter上でユーザーがURL付きでツイートしたものを集計し、多い順に表示するサービスが「Twib」です。

今、話題になっているサイトをランキング形式で紹介する「Twib」

今、話題になっているサイトをランキング形式で紹介する「Twib」


表示されたサイトにはどれだけのユーザーがツイートしたかの数字があり、それをクリックすることでそのサイトに対しどんなツイートがあるのかを閲覧できます。また気になったものに関しては自分でツイートすることもできます。

トップページでは注目のエントリーが表示されますが、写真、政経、科学などカテゴリもあり、カテゴリ単位で人気サイトを閲覧することもできます。


カテゴリごとにTwitter上で話題になっているサイトが一目でわかる「TweetBuzz」

TweetBuzz」はTwibと同じく、Twitterで話題になっているサイトを表示するサービスです。Twibがトップページでランキング形式で紹介しているのに対し、TweetBuzzではトップページで政治・経済、ライフスタイル、ゲーム・アニメなどカテゴリごとに注目のサイトを表示するデザインになっています。

注目のサイトを社会、ライフスタイルなどカテゴリ形式で紹介する「TweetBuzz」

注目のサイトを社会、ライフスタイルなどカテゴリ形式で紹介する「TweetBuzz」


カテゴリ表示のほかには、TweetbuzzタイムラインとしてTwitter上で話題のニュースを時系列で紹介するものや、話題となるニュースを多くツイートしている影響力の強いユーザー表示など、独自のコンテンツも多く楽しめます。

次のページでは買い物する時に参考になる情報を提供しているサービスをご紹介します。