◎玄関の安全性はどうか?


中古物件を借りるときには、鍵は交換しておきたいですね

中古物件を借りるときには、鍵は交換しておきたいですね

鍵はどんなタイプのものかを確認。分かりやすいのは、鍵がいくつ付いているかということ。鍵をあけるのに時間がかかれば、それだけ泥棒が侵入しにくいと言われていますので、最近の新築では1ドア・2ロック(1つのドアに2つの鍵がついている)になっているものもあります。

また、ピッキングによる犯罪を防ぐためには、ディンプルキー(鍵の表面に深さの異なるくぼみがいくつか付いているもの)がいいと言われているので、どんな鍵がついているのか確認してみましょう。もし、気になるようなら鍵交換をしてもらえるかどうか(その場合の金銭負担は貸主かの確認をする)も聞いてみるといいですね。

さらに、郵便受けを外から開けてみて、室内が見えないかどうかも確認しておきましょう。もし見えるようなら目隠しをしたほうがいいです。

<ポイント>
・鍵はいくつ付いているか
・どんなタイプのカギか
・鍵の追加が可能か
・郵便受けから室内が見えないか



◎バルコニーの環境はどうか?

バルコニーからの眺めだけでなく、周囲の環境もチェック

バルコニーからの眺めだけでなく、周囲の環境もチェック


バルコニーに出て見たとき、「いい眺めだなあ」と眺望にだけ気を取られず、しっかりチェックしてみましょう。

まずは、周囲の建物環境をチェック。回りに高い建物はないか、こちら側が覗かれる心配がないかをチェック。高い建物があると眺望だけでなく日当たりも悪くなります。同時ににおいも確認しておくといいですね。

また、バルコニー自体の手すりの高さや布団や洗濯物が干せるかどうか、またエアコンの室外機の置き場所や避難ハッチの確認を。室外機を置くことで避難経路を塞いでしまうようならば、問題アリ。

<ポイント>
・周囲に高い建物はないか
・バルコニーの手すりの高さはどうか
・洗濯物や布団が干せるかどうか
・エアコンの室外機が置けるかどうか
・ヘンなにおいがしないかどうか

>>>チェックリストはこちら

【関連サイト】
・室内チェック、ポイントは?(2)
・敷地内チェック、ポイントは?