みんなは何のために貯めてるんだろう?

画像の代替テキスト
年齢を問わず、お金を貯める目的で多いのは、病気など、いざというときのため。
貯蓄の目的を聞いた調査では、次のようになっています。

  1. 病気や災害への備え 67.4%
  2. 老後の生活資金 56%
  3. 子どもの教育費 29%
  4. 特に目的はないが貯蓄していれば安心 27.6%
  5. 住宅取得・増改築資金 16%
  6. 旅行・レジャー資金 15.5%
  7. 耐久消費財の購入資金 13%
  8. 子どもの結婚資金 8.7%
など。
(3項目以内の複数回答。金融広報中央委員会「家計の金融資産に関する世論調査」2006年より)

貯蓄の2大目的は「病気や災害への備え」と「老後の生活資金」。貯めておかないと、ほんとにそんなに困るのでしょうか? その答は次ページで考えるとして、年齢別のデータも見てみましょう。

30代、40代の貯める目的、第1位は教育資金

最初のデータは、全体の平均ですが、年代別の上位5位は次のようになっています。
  • 20代 1、特に目的はないが貯蓄していれば安心  2、病気や災害への備え  3、子どもの教育資金  4、旅行・レジャー資金  5、住宅取得・増改築資金
  • 30代 1、子どもの教育資金  2、病気や災害への備え  3、特に目的はないが貯蓄していれば安心  4、住宅取得・増改築資金  5、老後の生活資金
  • 40代 1、子どもの教育資金  2、病気や災害への備え  3、老後の生活資金  4、特に目的はないが貯蓄していれば安心  5、住宅取得・増改築資金
  • 50代 1、病気や災害への備え  2、老後の生活資金  3、特に目的はないが貯蓄していれば安心  4、子どもの教育資金  5、住宅取得・増改築資金
どの年代でも上位に上がっているのが、病気や災害への備え。意外にも多いのが、特に目的はないが貯蓄していれば安心。これらの回答から推測できるのは、月々の収入からは払いきれない、日常の生活費を超えた出費が発生したときに備えておきたいという切実な気持ちです。また老後の生活への不安です。

実際のところ、どうなのでしょうか?