生地や素材について

スリングは使われている素材によっても、快適性が変わります。主に使われている素材をまとめてみました。

しじら織り
通気性や耐久性に優れたしじら織り【画像提供<a href="http://www.amazon.co.jp/B001HL0TJI/allabout-22" target="_blank">Amazon</a>】

通気性や耐久性に優れたしじら織り【画像提供Amazon

夏の着物地として使われていた縮織の一種。丈夫で通気性に優れていることから、スリングによく用いられる。

綿麻
綿と麻の混紡。麻だけでは繰り返し使うことで毛玉が発生しやすく、そこから生地に穴が開くことがあります。そのため、綿と混紡にして毛玉を防いでいます。

ニット
綿と化繊を組み合わせ、伸縮性を持たせたもの。抱かれている赤ちゃんを締めつけ過ぎず、動きを妨げないという利点がある。

ワッフル
凹凸のある綿素材で、肌に張り付きにくく夏に向いている素材。

ダンガリー
丈夫で独特の色むらがある綿素材。ざっくりとした風合いが魅力。

メッシュ
化繊で作られたメッシュ地。あたりが強く、長時間の使用には適さないが通気性はバツグン。ただし吸湿性がないので、暑い時期というより水場などで使う際に有効。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。